おすすめの金投資方法を一覧表でご紹介

<スポンサーリンク>

当サイトは、金投資を始めたい方・取引している方向けに金価格やおすすめの金投資方法をご紹介します。

最新の金価格や情報も提供しておりますのでご活用ください。

主な金投資の方法と種類:

金価格は、毎日、変動します。その変動を利用して差益を狙うのが購入する目的。

また、株式・現金などの資産が値下がりした時や戦争などで資産価値が暴落した時に、資産を守るために購入する目的もあります。

金投資には、様々な種類がありますのでまとめてカンタンな特徴をご紹介します。

投資方法 差益狙い 資産保全目的 備考
純金積立 × 初心者の方に一番向いています。
月々1,000円から購入可能。
金地金 まとまった資金がある方向け
500g~1kgの取引中心
地金型金貨 プレゼントやコレクションなどに向いています。
金ETF × 証券会社で気軽に買える金取引
金価格の変動で利益を狙います。
金商品先物取引 レバレッジを効かせた投資や金地金の受け取りが可能。コスト面で有利
金CFD × レバレッジを効かせた投資が可能。金価格の変動で利益を狙います。

こちらでも、それぞれの方法についてカンタンにまとめています。

あなたにおすすめの金投資

実物資産を持ちたい人。金の輝き・美しさに魅せられた人。金貨やアンティークコインをコレクションとして保有したい人。美しい物を見ると心が癒されます。ただし、金額が大きくなると盗難などの保管リスクがかかります。

資産運用や金投資の初心者。金相場の予想は難しくて時間もないけど、興味を持ったのではじめて見たい

  • 純金積立:初心者&資金の少ない方に向いているのが純金積立。社会人になり立てで始めて30年積立てればかなりの額が溜まります。
  • 純金積立比較:コストや会社を比較

株式や投資信託の経験を持ち、リスクヘッジや資産運用として金投資を考える人におすすめ

  • 金ETF:株式でおなじみの指数的な投資方法。投資信託の一種ですから証券会社で扱っています。
  • 金先物:買いだけでなく売りからもスタートしたい場合は、金先物がおすすめ。レバレッジ可能・取引コストが安いという特徴もあり。
  • 金CFD:レバレッジ可能・米ドル建ての金相場で取引したい方におすすめの方法

先物とCFDは資産運用経験のある方におすすめの方法です。レバレッジを効かせることができ、売買しやすいため、経験の少ない状態で取引すると、大きな利益や損失を出してハマってしまうリスクがあります。他の金投資方法と違って「売り=値下がりで利益」を得る。現物のリスクヘッジを行うなどメリットは多いのですが、そこは勉強と経験を積んでからにしましょう。

メリットとデメリット

古来より人類が大切にしてきた貴金属「金」のメリットです。もちろんメリットだけではなくデメリットもあることをお忘れなく。

特に、現物の金投資には偽物を購入するリスク、金融商品の場合は、投資詐欺事件や取扱い会社の信用というリスクがあります。古くは豊田商事事件・最近ではタングステンを利用した偽金造りなどがありました。金価格の変動リスクも大切ですが、取引する会社の信用も大切な要因です。詐欺事件のまとめ

会社設立が古く信用のある田中貴金属や三菱マテリアルといった老舗の貴金属会社や住信SBIネット銀行などの銀行系が金投資家の人気を集める会社と言えます。

有事やインフレ時に強い。

利子や配当が付かない。

金価格の変動要因と予測

金投資を行う上で、価格変動要因を知っておくことは大切です。こうなったら金価格が上がる・下がるという絶対的な事は言えませんが傾向を掴んでおき、金の購入・売却に活かしてください。

おすすめの金投資まとめ

表にまとめたように購入・投資する方法はいくつかあります。

おすすめの投資方法は、まず金価格の変動による差益を狙うのかそれとも資産保全を目的として保有するのか「金投資の目的」をはっきりさせることです。

資産保全が目的の場合、純金積立・コインや地金のような現物取引がおすすめです。

また、金価格の変動で差益を狙いたい場合、現物よりコストで有利な金ETF・金商品先物取引・金CFDがおすすめです。

なお、投資自体に慣れていなくて金投資を行いたい方は、純金積立や金地金型金貨の購入がリスクも少なく少額のお金でできるためおすすめの方法です。

<スポンサーリンク>
 

関連記事

金投資&先物人気ランキング

  DMM CFD