ゴールドマンサックスが来年の金相場はスラムダンクのような売り浴びせが起きると強烈な警告!

<スポンサーリンク>

米国の政府機関閉鎖と債務上限問題が起きても金相場は大きく反応せず、1トロイオンス1300ドル強で推移しています。その中でゴールドマンサックスはスラムダンクのような強烈な売りが金を襲うと警告!

まず、米国財政問題の話しを先にしておきましょう。もし、米国債のデフォルトが起きれば金融市場を揺るがすことになり、その被害はリーマンショック以上。しかし、金価格の動向を見ると何とか折り合いが付き解決に向かうシナリオが市場では主流です。

金融系ライターの安田佐和子氏がウォールストリートジャーナルの政府機関シャットダウン版経済指標カレンダーを日本語訳で提供中。

以下、ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)紙がまとめた経済指標カレンダー、政府機関シャットダウン版をお届けします。

10月17日 ※16兆7000億ドルの債務上限に到達へ
MY BIG Apple

普通に考えると、金融機関(リーマンブラザーズ)やヘッジファンド(LTCM)の破綻ですら大騒ぎをした国際金融システムが、経済の中心アメリカの国債デフォルトに耐えられるわけがありません。米国の議員も自分の行動により後世まで世界経済破綻の引き金を引いたとは言われたくないでしょうし妥協する確率が高いと思います。

借金が増えすぎて支払えなくなったわけではなく、米国内の政党同士の対立でありながら世界経済を人質にとったチキンレースで、相手の譲歩を引き出そうとしているだけですから。


ゴールドマンいわく来年の金相場はスラムダンクの売り

10月8日のブルームバーグニュースで、米大手銀行ゴールドマンサックスのジェフリー・カリー氏が示した予測です。

金市場は来年、「スラムダンク(強烈なダンクシュート)」のような売りに見舞われるとの見通しを、米ゴールドマン・サックス・グループの商品調査責任者、ジェフリー・カリー氏が示した。米議会での予算と債務上限引き上げをめぐる議論の行き詰まりが収束した後、米景気の回復が進むと予想されるためと説明している。

カリー氏は8日、ロンドンで開かれた商品関連会議の討論会で、ゴールドマンは来年の金相場を1オンス当たり1050ドルと見込んでいると述べた。米連邦準備制度理事会(FRB)が景気回復に伴って月間850億ドル規模の債券購入プログラムを縮小するとの観測が高まる中、金相場は今年に入って約21%下落している。債務上限引き上げをめぐって米議会は17日までに合意に達する可能性が高いと、カリー氏はみている。

カリー氏は「米景気が大幅に回復すれば、QE(量的緩和策)の縮小が金相場に下押し圧力をかけるはずだ」と語った。ブルームバーグ

もっとも、ジェフリー氏は、以前から金相場に弱気で量的緩和縮小により1トロイオンスあたり1000ドルを割る可能性すら示唆しています。今回は、言葉が「スラムダンクのような金売り」と強烈なだけに金投資家に売りイメージを与えるかもしれません。

金価格は1300ドル強で横ばい:拡大

NY金と東京金の複数チャート表示:エースCXオンライン

マイケル・ジョーダンや桜木花道のような強烈なスラムダンクが金相場にぶち込まれるのか?それとも米財政問題が深刻化し急上昇していくのか?

ゴールドマン・サックスは、米国政府そのものと同一視されることもあるほど、政府要人と関係が深い金融機関です。米国の金融機関が危機に陥ると真っ先に対応策を相談される強力な銀行ですから、その予測には敬意を払う必要があります。

しかし、逆に力があるからこそポジショントーク的なことを行います。売ポジションを持っているゆえに金価格の下落を予測してみたり、安くなったところでいつのまにかゴールドマンが買い集めているなどのケースもあるかもしれません。

ポジショントーク:自分の保有しているポジション(建玉)が有利になるように金融市場で発言を行うこと

ジム・ロジャーズ氏も金価格の下落を予測

冒険投資家として有名なジム・ロジャーズ氏もさらに金が下落するのではないかと考えている。

●Jim Rogers saying buy Sugar. He is a funny guy.

金保有を止めるつもりはないが、今、買い足すつもりはない。来年以降に買い場が来るのではないか。1000ドル以下の安値になれば買い増したい。

コモディティ市場では砂糖を買いたい。ロシアも買い。

ただ、量的緩和の問題で世界の株式市場が大きく下げに転じる可能性もあることを彼は示唆しています。

ロジャーズ氏は投資家に警戒を呼び掛ける:投資家は自分が愚か者の天国の真っただ中にいることに気づくべきだ。
彼らが讃美歌を歌い出したら、「パーティに参加したけど、離れる時間が来た」と言って市場を去れ。浜町SICコラム

ジム・ロジャーズ氏は、ジョージ・ソロス氏と立ち上げたクォンタムファンドの成功と中国経済の成長とコモディティ市場の上昇を21世紀以前から主張し成功した投資家です。

2013年10月9日