金相場は米国デフォルト回避後のドル安で上昇。今後の見通しは量的緩和縮小にスポットが当たる

金先物相場は、米政府の債務上限引き上げ法案が成立し、米政府機関が再開した後のドル安を受けて上昇しました。

10月17日のNY金は、前日終値比40.70ドル高の1オンス=1323.00ドルで終了。

・政府資金の手当ては来年1月15日
・連邦債務の上限は2月7日まで
・下院の票決は「賛成285、反対144」

ただし、年明け早々に政府機関が再び閉鎖される可能性と連邦債務上限問題の議論が始まります。

2013年10月~11月の金相場予測

米国財政の問題が一段落したことで、金相場は、新たなトレンドを模索していくことに。

NY金先物(ローソク)と東京金先物(ライン)の日足チャート

米国財政合意後NY金は上昇

エースCXオンラインの複数商品表示

FRBの量的緩和縮小スタートが遅れる可能性

まずは、米政府機関が16日にわたり、閉鎖されたことで、重要な経済指標である雇用統計などの発表ができずに、FRBは量的緩和縮小を開始するためのデータ不足に。

さらに、米景気に与える悪影響も考えられることから、量的緩和政策が維持されるとの見通しから金投資への意欲が高まっています。

市場の流れとして年内の縮小スタート(テーパリング)はないとの見方が強くなってきました。連邦公開市場委員会(FOMC)のスケジュールは、10月29─30日、その次は12月17─18日の予定。

米シカゴ地区連銀のエバンズ総裁(10月17日)

連邦準備理事会(FRB)による債券買い入れの縮小は数カ月先になる可能性が高いとの見方。
総裁は講演後、「経済の動向や、最近の政府機関閉鎖(による影響)をどう乗り切るかについて、より多くの情報が必要だ」と述べ、「数回の会合(a couple of meetings)」が必要との考えを示している。

中国の格付け会社が米国のソブリン格付けを引き下げ

大公国際資信評価有限公司は10月17日、米国のソブリン格付けを「シングルA」から「シングルAマイナス」に引き下げ、アウトルックをネガティブに維持した。中国人民銀行と国家経済貿易委員会の承認を経て1994年に設立された中国でもっとも格付けの権威を持つ。

中国では、またもや米ドルに代わる基軸通貨の話も出てきている模様。

格付け会社フィッチ・レーティングスも10月15日に米国の「AAA(トリプルA)」格付けをウォッチネガティブに指定し、最上級格付けから引き下げる可能性があると警告しています。

与野党対立と米国デフォルト回避

年内は乗り切ったとはいえ、米財政問題は恒例行事のように行われています。今回もデフォルト回避を優先し、抜本的な問題解決には至っていません。

結果的には、バラク・オバマ大統領が共和党強硬派(ティーパーティ)の脅しに屈せず、その信念と政策(オバマケア)を押し切ったという形になりました。米国全体の世論調査でも共和党のごり押しと考えている層が多いことから、共和党の支持率低下につながる可能性があります。

一方、ティーパーティ側としては、大統領選挙や債務上限問題などで負け続けていることは、悔しさや憎しみを増幅させます。また、米国にとどまる意味を失ったと感じている可能性もあります。

共和党強硬派で、今回の予算成立を阻むため21時間以上の演説を続けたテッド・クルーズ議員は、選挙区であるテキサスでの人気は高まり2016年の大統領選挙に出馬するかもしれません。

同じことを繰り返しているうちに本当にデフォルトに持ち込まれることが恐怖のシナリオ。

●テッド・クルーズ議員の動画

中東で起きている問題の一因そして、日本で民主党から自民党に政権交代した大いなる理由が、経済・景気だったように、景気回復が見込まれている米国が年末年始にかけてどのような形で終えるかが大きなカギを握るのではないでしょうか。

一面では、失業率の低下など雇用回復、シェールガスや最先端技術による米国製造業の復活が叫ばれる中、貧富の差が拡大し新産業と旧産業の対立やテロ戦争後遺症などの問題を抱えています。

景気が好調なまま推移すればオバマ大統領の強力な味方になりそうですし、悪化すれば野党の共和党の巻き返しが起こりそうな情勢です。

南アフリカのストライキと産金コスト

ブルームバーグのインタビューによるとバッフェルズ鉱山で働くギルバート・モサラさんの同僚2500人のうち約95%が解雇。

ストライキが頻発する南アフリカでは、労働者の給与が上昇傾向にあります。一方、企業側としては金価格の下落により産金コストの目安となる1200~1300ドルを割り込む苦境が続き、給与を上げる分従業員の解雇や金鉱山の操業停止によるコスト削減を行っています。

アパルトヘイト(人種隔離)政策の下で最も搾取されていた労働者の一部だった金鉱山の従業員たちの給与水準は現在、南アの平均を上回っている。南ア統計局によれば、賃金が引き上げられる一方、人員は削減され、解雇者数は今年に入って6624人と、産金業界の従業員の約5%に相当する。金鉱山の従業員の総数はピークだった1988年の48万人の3分の1未満に落ち込んでいる。

同国の最大手、アングロゴールド・アシャンティ などの産金会社は、2007年以降約3倍に増加したコストの削減に取り組んでいる。

バッフェルズフォンテイン鉱山を保有するビレッジ・メイン・リーフは、1オンス当たりの採掘コストが金価格を上回ったことを受け、約60年にわたって続けてきた同鉱山の操業を8月に停止。地下での作業は停止し、モサラさんらシャフトで働く149人の労働者は鉱山の安全性を維持するための作業に従事している。 ブルームバーグ10月8日

相次ぐストライキで残った従業員の給与だけ上昇しても失業が増えては何にもなりません。南アフリカの鉱山では産金コストが上昇しており、金価格が下落すると採算割れになってしまいます。

そういった面でも長期的には、産金コストが下値の目安になる可能性が強いでしょう。

スタンダードバンクの金相場予想:池水雄一氏

2013年10月に発表されたスタンダードバンクの四半期レポートについて東京支店長の池水雄一氏が金相場予想を解説しています。

金価格」:長期的には今後5年間を考えるとゴールドは上昇すると考えます。しかしこれはこれから1年の間には上昇はみられそうにありません。米国債の利回りが上 がってきているからです。(↓チャート)短期的にはこの四半期はゴールドの頭は重たく、上昇場面は売りのチャンスだと考えます。第4四半期の予想平均価格 は1330ドル。

銀価格」 シルバーは今年中に20ドルを割り込む場面があると考えます。需給構造を考えるとシルバーの在庫は豊富にあり、供給過多。2009年から目立った買い手になっている中国の地上在庫は加工需要の18ヶ月分あると考えられます。2012年年初は16か月分、2009年には4か月分の在庫しかありませんでした。 ブリオンボールド

金専門家として著名な池水雄一氏も短期的には「金売り」を予想しています。

欧米の銀行は、下落予想を出しているところが多く、ゴールドマンサックスに至っては1000ドルを割る可能性すら示唆しています。

その根拠として、大きなポイントは、米FRBの量的緩和縮小がいつスタートするか?

金投資に興味ある方、すでに保有している方は、対応策を練っておきましょう。金先物取引では値下がりを予測して売りヘッジや利益を狙うことも可能です。