イスラム国の樹立やガザ空爆により金価格は上昇傾向【年初来上昇率は11%】

<スポンサーリンク>

中東やウクライナで起きている混乱は終りを見せず、金価格を上昇させ2014年は11%の値上がり(7月時点)。

エジプトからはじまった中東危機や地政学リスクは各地に飛び火して社会情勢を不安化。


イスラム国の樹立宣言

そして、緊迫化する情勢の中で「イラクとシリアのイスラム国(Islamic State of Iraq and Syria、略称: ISIS)は、2014年6月29日に、イスラム国の樹立を宣言。

アブー・バクル・アル=バグダーディーが「カリフ」で、イスラム教徒の指導者であること、組織名を「イスラーム国 (Islamic State)」に変更することを発表

金投資に注目する人には見逃せないニュースです。

イスラエルパレスチナ情勢【ガザ地区空爆や侵攻】

さらに、パレスチナを巡るハマスとイスラエルの紛争も激化。

イスラエルのネタニヤフ首相は、軍に対して4万人の予備役を招集し、地上戦すらありえる体制を取っている。

ハマスはイスラエルへのロケット弾攻撃、イスラエルはガザ地区への空爆を行うなど7月に入り戦闘激化。

国連安保理は2012年11月の停戦合意に戻ることを呼びかけているが両陣営とも応じる構えを見せていない。

2012年の停戦合意内容

エジプト政府が公表した「ガザ地区の停戦に関する覚書」によると、主な合意内容は(1)イスラエルによるガザ攻撃、暗殺作戦の停止(2)パレスチナの全勢力による対イスラエル・ロケット攻撃の停止(3)発効から24時間後にガザ境界を開放、通行と物資移動の容認――の3点。エジプト政府が双方から合意履行の保証を取り付けることも明記した。【11月22日 朝日】孤帆の遠影碧空に尽き

いつも言われていることながら、イスラエルとイスラムの全面対決に陥ることがあれば中東戦争の再来として世界のエネルギー源である原油の輸出停止・生産ライン破壊が起きてしまい原油価格の急激な上昇を招きます。

これまでのところは全面衝突に至る前に仲介者が現れていますが、今回はどうなるか?イスラム国の樹立などイスラム勢力が従来の国家の枠から外れつつある今は予断を許しません。

その場合には、インフレ・安全指標である金価格の大幅な上昇につながる可能性が出てきます。

金価格の動向

米ゴールドマン・サックス・グループのジェフリー・カリー氏は金価格に弱気。

金相場の年初来上昇率は11%と、株式や商品全般、米国債を上回っている。にもかかわらず、カリー氏は景気改善に伴って金価格が12月末までに下落するとの見方を維持。ヘッジファンドによる金の買い越しが5週連続で増加し、上場取引型金融商品(ETP )を通じた金保有も増加しているが、カリー氏は弱気姿勢を貫いている。同氏は昨年、年間ベースでは1980年以降で最大となった金相場下落をいち早く予測した。ブルームバーグニュース

さらに、ソシエテ・ジェネラルのマイケル・ヘーグ氏も7月11日のレポートで今年中に金価格は約7%下落するとの見通しを出している。

2014年7月の金価格の変動要因

金投資家に注目して置いて欲しいニュース

  • インフレ懸念がなくなりつつあり、景気回復への信頼感が強まれば金相場は下落
  • 米金利上昇がいつになるのかFRBの動向
  • ETF(金投資信託)から投資資金が引き上げられて(5億6200万ドル)株式ファンドに流入(476億ドル)
  • 投資家は、株式などに魅力を感じていて、金相場の上昇に気付いていないか関心が薄くなっている。
  • ウクライナやイラク・イスラエルの情勢悪化で金投資の魅力は高まっている。
  • 東アジア情勢(中国と日本・フィリピンなど)を巡る情勢。集団自衛権問題

東京金価格チャート

上昇傾向の東京金価格

チャートは、EVOLUTION JAPAN(エボリューション ジャパン):画像をクリックすると拡大します。

2014年7月14日:東京金先物【6月限月】は、4357円/g前後で推移。

2013年の夏以降は、下値が4000円、上値が4500円の間で動いている。

NY金価格チャート

NY金価格も上昇傾向

NY金価格期近【7月限】は、1337ドル/トロイオンス前後。

1200ドルで底固めした後、1300ドル前後での推移が続いている。中東情勢などの緊迫化により上昇傾向を見せている。