ドラグーンキャピタルが英ブリオンボールトと提携して、円建ての金地金売買サービスを開始予定

<スポンサーリンク>

独立系の投資銀行ドラグーンキャピタル社が、円建ての金地金売買を仲介する事業を2015年5月に開始予定。単独で行うわけではなく、金銀のオンラインサービスを行っているイギリスのブリオンボールトと提携。

インターネットを通じて、24時間取引ができる金地金売買サービス事業がその内容。

宇田修一氏インタビュー:円建ての金地金売買サービス開始

ドラグーンキャピタルの宇田修一最高経営責任者(CEO)が3月11日、ブルームバーグ・ニュースのインタビューで明らかに。

ドラグーンキャピタル宇田氏のインタビュー


宇田氏は「低金利の時代に代替資産として金への投資は大きな需要が見込める」と指摘。円建て の取引であるため、参加する投資家は為替変動のリスクを回避することができる。個人投資家による小規模な注文であっても大量発注する機関投資家と同等の安い手数料で取引できるのが特徴。取引が24時間可能なため、米国時間に発表された経済指標で相場が急変した際などにも即時に対応できる。

同社は運営主体となるブリオンジャパン(同)を2月に設立した。証券会社など国内外の複数の金融機関が今後資本参加する予定。ドラグーンキャピタルの出資比率は最終的には51%超となる見通し。

日本の昨年の金地金の売買金額は総額約4600億円といい、ブリオンジャパンは2016年に3-5%のシェア獲得を目指す。将来的には1割程度に高めたい考え。富裕層や機関投資家などのドラグーンキャピタルの既存顧客に加え、投資未経験の若い世代の需要も高まると見ている。

このサービスで取引の対象にするのは、スイス・チューリッヒの専門指定業者が管理している倉庫に保管されている金地金。ブリオンボールトが運営している取引プラットフォームに円建ての取引を追加する。ブリオンジャパンが日本の顧客サポートや販売促進などを手掛ける。取引単位は1グラムから。引き渡しを望む顧客には郵送される。ドラグーンキャピタルの宇田修一氏インタビュー

日本の金投資は、田中貴金属などの地金商との取引が主流。その場合、売値と買値の価格差が大きい。売買のタイミングが限られるなどの問題もある。一方、インターネットで取引できる金先物取引は、価格の透明性やリアルタイム性が高く手数料も安いとメリットが大きい割にイメージのせいか、取引が伸び悩んでいる。

金CFDという砂金決済取引も存在するが、ドル建ての価格表記もあり、金投資の専門家以外には浸透していない。その点、円建てのネット取引は取引の利便性でも申し分がない。

ドラグーンキャピタル単体では信用不安も出てくるが、英ブリオンボールトとの提携ということで、信用も補完されそう。ただし、日本の証券会社やFX会社の取引システムに慣れている顧客にとって海外製の取引システムは使い勝手が悪いと評価されるリスクもある。

また、スプレッドが広い・ニュースやチャートが少ないなどの不満が出てくる可能性も否めず、ドラグーンキャピタル&ブリオンボールドのタッグが、どれだけ顧客のニーズにそった商品設計を出してくるか興味深い。ブリオンボールトの日本市場責任者は、ホワイトハウス佐藤敦子氏は、「日本の顧客に、より充実した形でブリオンボールトのサービス提供が可能になる」と強気のコメント。

  • 英ブリオン・ボールト:ワールドゴールドカウンシル推薦企業
  • ドラグーンキャピタル:関東財務局長(金商)1032号 第二種金融取引業 投資助言・代理業、代表取締役・CEO 宇田修一、〒102-0083 東京都千代田区麹町3-5-2BUREX麹町10F