七夕ショック:中国の景気減速・株式下落で商品市場価格も崩れ落ちる

<スポンサーリンク>

商品市場は、中国景気減速・株式下落で、価格が下落。原油・銅白金などの実需に利用する資源が大きく下落。金価格すら下落。

上海・深センの取引所では、1300社の株式が売買停止。全上場企業2808社の約45%が売買停止。この状態を見て、投資家は一斉にリスクオフ(回避)。株式・商品市場ともポジションの手仕舞いが起きている。

欧州のギリシャ支援の問題もくすぶるなか、東西でリスクが顕在化している。中国株の状況はかなり厳しい状況で、中国と関係の深い欧州としても連鎖反応が怖いところ。ギリシャが欧州を離れる場合、中国・ロシアの援助を当てにするだろうし、地政学リスクとしてもギリシャの位置は重要。

ところが、中国に余力がなくなる、欧州景気悪化になると、ギリシャの軟着陸も難しくなる。


中国の株価下落がリスクオフを引き起こした

中国株の下落要因

  • 上海総合指数は2015年初から60%、2014年7月からは2.5倍の上昇
  • 中国経済の減速:GDP成長率目標は7.0%と低下中
  • 世界の銅消費伸び率を下方修正【ウッドマッケンジー調査】
  • 金融危機の顕在化:シャドーバンキングなど

株価下落により、更に実体経済に影響を与える可能性がある。

白金・金価格も下落

貴金属の中では、金よりも景気に敏感な白金が下落。ただ、今回の上海株式下落以前から、全体的に下落トレンドを描いている。欧州・中国の景気減速は、今に始まった訳ではない。

●NY白金価格チャート月足:EVOCX

白金は下落続く

2015年の白金価格は、毎月下落。

白金価格の四本値

●NY金価格も緩やかな下落トレンド

NY金価格

2015年のNY金価格は山・谷を描きながら下落。米利上げ問題が大きく影響。1トロイオンス1200ドル割れが定着する可能性もある。

NY金価格も下落

中国が世界需要の4割を占める銅はロンドン市場で1トン5300ドル台を割り6年ぶりの安値。原油も3か月半振りの安値を付けるなど商品市況全体も崩れている。

  • 中国証券監督管理委員会(CSRC)は8日、持ち株が5%以上の株主を対象に向こう6カ月間、株式売却を禁止する措置
  • 中国の証券会社で作る団体は4日、国内の21の証券会社が資金を出し合って、合計1200億元(約2.4兆円)の資金を出してETF(上場投資信託)に投資する異例の対策

中国も株価維持のため、様々な対策を打ち出している。しかし、商品市況の下落を見ても分かるように、景気減速感が大きく、小手先の策では厳しい。おそらく、日本・米国・欧州が行っているような金融緩和策を強化してくるだろう。

何度も崩れそうな状態を支えてきた中国政府。今回もなりふり構わぬ施策を取ってくると思います。そうなると金余り&ペーパーマネーに対するリスクが顕在化して見直されるのが金投資。NY金価格は下落傾向にありますし、米国利上げ時期次第で更なる下落も考えられます。しかし、長期的に見れば、上手く底値で掴める可能性もありますので、金投資を勉強するチャンスです。