福岡の元岡古墳群から「金」象嵌の大刀

<スポンサーリンク>

福岡市西区にある元岡古墳群から、金で象嵌された大刀が見つかりました。

正確には、2013年1月22日に大刀に埋め込まれた文字が金の象嵌だと福岡市が公表しました。

福岡市によると古墳時代の銘文を持つ刀剣はこれまで全国で7例。

金象嵌の大刀:元岡古墳群

銘文には、干支の年号と日付が入っていることから、製造年月日を推定できます。

銘文抜粋「~庚寅日時作刀~」

この庚寅が西暦570年にあたるとのことです。前後の年表で有名な事件は、607年に小野妹子を隋に派遣した「遣隋使」あたりでしょうか。

福岡市の公表記事(PDF)

福岡市の元岡古墳群の紹介

誰がこの大刀を保有していたのでしょうか。金の象嵌入りですから儀式か身分の高い人の佩刀に利用されていたのでしょうね。

●日付刻まれた大刀出土の動画

●福岡市西区大字元岡の地図


大きな地図で見る