水に溶けた「金」を固める細菌を発見

<スポンサーリンク>

2月3日の英科学誌「ネイチャー・ケミカルバイオロジー」で公表されたゴールドを固める能力を持つ細菌が、デルフチア・アシドボランス(Delftia acidovorans)。

カナダの研究チーム「ネーサン・マガービー氏」によると細菌を使って水に溶けた金を固まらせることも不可能ではないと夢が広がる話をしてくれています。

分泌された代謝物に有毒な金から身を守る作用があり、金のバイオミネラル化を生じさせる作用があることを示す初めての事例:AFP

金は水に溶ける

金は、溶けない・腐らないなど安定した物質ですが、水にまったく溶けないわけではありません。

海水にも微量ながら含まれています。とはいえ、濃度的には薄すぎて生産できるレベルではなく金イオンとして存在するに過ぎませんが。

ほとんど溶けることのない金をわずかながら溶かす水の力はすごいですね。

・海水成分中の金:0.011μg/kg(海水から資源)

海水の組成:様々な物質が海に溶け込んでいます。

ところが、今回、発見された細菌を活用することで、海水や湖水から金を取り出すことが何十年後かにできるようになるかもしれません。採算ベースに乗れば錬金術の復活です。

金を溶かす液体「王水」

金をまともに溶かすことができる希少な液体として有名な【王水】。

濃塩酸と濃硝酸とを3:1の体積比で混合してできる液体で金だけでなく白金を溶かすこともできます。

●王水に溶ける金箔

この動画を見てください。金が溶けて、王水の色が金色に変わっていきます。

かつては、この王水にしか金は溶けないと言われていましたが、実は、身近な物質で金を溶かすものがあるのです。それは、うがい薬などに使う「ヨードチンキ」で、溶かす力は王水ほど強はありませんが、高価格の金製品には近づけない方が良いでしょう。

でんじろう先生の実験「中京テレビラブラボ