マーク・ファーバー氏の考える金投資のメリット:投機筋は仮想通貨に移った!

<スポンサーリンク>

スイスの投資アナリスト、マーク・ファーバー博士が株式市場がクラッシュした時に、金投資を行うことのメリットを語っています。

マーク・ファーバー博士は、1987年のNY株式市場の暴落、日本のバブル崩壊、2007年のサブプライム~世界金融危機などを予告していたことで有名。

2007年の資産バブル・金融危機前から金投資を推奨していました。


マーク・ファーバー氏の語る金投資のメリット

高値を更新し続けるNY株式市場は、その暴落リスクが心配されています。彼は、現物の金を安全に保有することを重視。

ファイナンシャルポインターさんが、マーク・ファーバー氏の語る内容を紹介。

株式市場が崩壊した時の金相場の動き

安全資産としての金の役割から考えると株式市場が暴落すれば、金価格が上昇すると考えたい。しかし、リーマンショックが起きた時は、リスクが高まったことで、ゴールドすら換金売りの対象となった。

それでも、金投資を続けるとマーク・ファーバー氏は語る。具体的なポートフォリオは、資産を株・債券:現金:不動産:金投資を4分割するというもの。

投機筋は仮想通貨に

そして、金や銀を投機の対象としていた人の多くは、ビットコインをはじめとする仮想通貨へと移動。

現在の金価格は、かなり魅力的な割安水準。いつ上昇し始めるかはわからないが、私は金を保有し続けると云います。

「もしかしたらニューヨークが停電になるかもしれないし、インターネットが使えなくなるかもしれない。インターネットが使えなくなれば、スーパーに行ってクレジット・カードで食料品を買いたくても買えなくなる。しかし、金貨があれば数日生き延びられるかもしれないし、それが金保有の利点だ。」 ファイナンシャルポインター

その理由は、想像を絶する危機的な状況が起きた時。世紀末に流行したような、世界の破滅的状況に陥った時こそ【ゴールド】が役に立つと言います。

規制増加と間接部門の人員増加リスク

博士は、規制がどんどん増えていることのリスクを常に指摘しており、2017年の6月のレポートで、間接部門の急増を指摘。

教育部門で教師の過重労働が話題になるのも、書類の増加=間接部門が増加していることによるデメリット。規制の増加で対応するために間接部門が増えてしまい、直接、生産やサービスに携わる人よりも人員増加・高給を得るというのは、誰しもがちょっと違うと思うでしょう。

米国も日本も教育費や医療費が増加し、消費者物価指数の伸びを上回り国民負担が増加。これが、増えるばかりで改善の兆しがありません。

米国株式は、ハイテクのグーグルやフェイスブック・アップル・アマゾン・マイクロソフトが引っ張っているだけで、全体的な危機は増している!と主張。

資産デフレになると金価格は上昇:リーマンショックで換金売りが終わった後に上昇した金相場

警戒される量的緩和バブルの崩壊