クルド人独立賛成派多数の地政学リスク&米税制改革に注意:2017年10月1日週の金相場見通し

<スポンサーリンク>

北朝鮮の核危機は、顕在も金融市場及び金価格には、影響が小さくなってきました。NY金価格も1300ドルを割り込んだままの1285.5ドルで休日を迎える状態。

米朝双方が牽制しあいながら、事実の積み重ねとして、なし崩し的な核保有に繋がるのでしょうか。そう簡単に核保有を認めるとは思えないのですが、果たして。

FRBが利上げ姿勢を明瞭にしている状況にある中で、金利で不利な金投資が減っている状況です。


2017年10月の金相場の動向

さて、2017年も10月に突入します。金相場は、米国の金融政策の影響で安くなりやすく、北朝鮮・中東の地政学リスク次第で上昇するというシナリオが続く見通し。

◆金融市場の動き:2017年9月30日

各資産の日足チャート

GMOクリック証券のCFDチャート

FRBのバランスシート縮小が10月から始まります。金・銀・白金などの貴金属相場は下落トレンド。

一方、新興国のブラジル株は現状維持から小幅上昇に変化。米不動産市場や米株も高値維持。今のところ、量的緩和の巻き戻しが生じている気配はありません。

クルド人問題で中東の地政学リスクが高まる

イラク北部のクルド人自治区で9月25日に住民投票が行われ、イラクからの独立賛成派が勝利。賛成は92.73%にもおよび、自治政府のマスード・バルザニ議長は、自治権獲得を宣言。

米国のティラーソン国務長官は、「住民投票の結果は承認できない」と29日に声明を公表。関係国に対話を求めました。

イラク・イラン・トルコなど関係各国は、自領内のクルド人が独立に動くと困ることから反対を表明。

イラクは、クルド人自治区内のアルビル・スレイマニヤ両空港を閉鎖。トルコは、エルドアン大統領が、石油パイプラインの遮断や軍事進攻についても言及。

漫画で読むクルド人問題:クルド人独立の背景が分かりやすく描かれています。

クルド人の人口は全体で約2500~3000万人。トルコ・イラク・イランなどは人口全体の2割から1割がクルド人。

  • トルコに約1144~1500万人。(トルコの人口:7560万人)
  • イラン:480~660万人(イランの人口:7900万人)
  • イラク:400~600万人(イラクの人口:3200万人)
  • シリア:90~280万人(シリアの人口:1795万人)
  • ドイツ:50~80万人(ドイツの人口:8100万人)

このクルド人問題は、扱い次第で中東の地政学リスクが高まる恐れあり。今のところは、金価格に影響を与えていませんが、クルド人側の独立賛成が92.73%にも及ぶ影響は大です。

米国の状況と金価格

トランプ政権の税制改革は、1.5兆ドルの減税を提案。

  • 法人税率を現行の35%から20%
  • 小規模事業者の所得税を39.6%から25%
  • 企業の国外利益を米国に戻す税率を引き下げ
  • 個人所得税の税率区分を勘弁に
  • 相続税の撤廃
  • 子供を持つ世帯の税額控除を拡充

この減税法案が通れば、米株価は上昇する可能性が高い。そして、米ドル高=金価格安のリスクがあることをお忘れなく。

NY金相場の日足チャート

NY金相場の動き

NY金価格は、下落トレンドにあり。年1回の利上げが12月に予定されており、米金利高が警戒される。

米株高へのヘッジから金投資が増えている面もあるが、金利上昇には逆らえません。

10月の米雇用統計をはじめとした米経済指標次第で、利上げ後退の可能性があるので、注目しておきましょう。

FRBの次期議長

悩ましいのがFRBの次期議長人事。

2~3週間以内に決定するとトランプ大統領は話しており、後任次第で大きく相場が荒れる可能性あり。

後任候補は・・・

  • 現職のイエレン氏
  • コーン国家経済会議委員長
  • パウエルFRB理事
  • ウォーシュFRB元理事
  • ジョン・テーラー元財務次官
  • ジョン・アリソン氏
  • グレン・ハバード氏

など

現状、中東及び北朝鮮の地政学リスクよりも米国の金融政策・税制改革の方が、金相場に与える影響は大きい。

10月2日(月):日銀短観、ユーロ圏製造業PMI改定値、米ISM製造業景気指数など
10月3日(火):CEATECジャパン2017、ユーロ圏生産者物価指数など
10月4日(水):ユーロ圏総合PMI改定値、米ADP全米雇用報告、イエレンFRB議長講演など
10月5日(木):米貿易収支、米製造業受注、米パウエルFRB理事講演など
10月6日(金):景気動向指数、米非農業部門雇用者数、米失業率など
10月7日(土):ボストン連銀総裁講演など
10月8日(日):中外貨準備高など

フィスコ