ビットコインはじめ仮想通貨は金の王座を奪えるのか?

<スポンサーリンク>

ビットコインをはじめとした仮想通貨は、日本円・米ドルといった国が発行する通貨ではありません。その点、金(ゴールド)と似ている部分がありますね。

それでは、ビットコインが金の代わりとなることはあるのでしょうか?

もし、金の代わりに仮想通貨が置き換われば、金価格は下落する恐れがありますから、金投資家にとって、他人事ではありません。


ビットコイン及び仮想通貨

仮想通貨は、国家が発行する法定通貨とは違い、管理者のいない通貨。インターネット上のブロックチェーン技術(分散台帳管理)によって、取引の正当性が担保されています。

仮想通貨の問題点・デメリット

ビットコインをはじめとした仮想通貨には、多くの問題点が存在します。金や法定通貨が耐え抜いてきた現実という波にぶつかっている最中。

◆国による担保がない:国による保証がないため、ビットコインにトラブル・盗難等があっても国は救ってくれません。

◆価格の乱高下が激しく投機に利用されている:日本円、金も価格変動があります。しかし、現状、ビットコインの価格変動は激しく、決済手段としてはまだ厳しいと思います。

◆マネーロンダリングに使われる:ビットコインは匿名性が高く、規制が緩いためにマネーロンダリングに使われるリスクがあります。IS(イスラム国)や北朝鮮、サイバーテロの身代金に使われた事例がニュースになりました。

国家による規制強化の可能性:通貨発行権は国家の根幹であり、インフレ・デフレ・景気などに関連します。中央銀行による管理も過去の失敗からの知恵。その通貨発行権に挑む仮想通貨に対する規制強化はいつ発動されるか分かりません。

◆採掘(マイニング)に電気代がかかる:コンピューターによるビットコインのマイニングには、大量の電力が必要です。そのため、電気代の安い国で作れば有利ですし、富の偏在・エコロジーの観点からの疑問も生じています。

◆複数の仮想通貨:ビットコイン自体は発行量に限界があり、過度なインフレやデフレが生じないとされています。しかし、複数の仮想通貨が登場した場合・・・現実化中・・・仮想通貨全体での発行に上限がなくなります。

●ビットコインの価格チャート:2017年10月16日

ビットコインの価格

出典:ビットフライヤー

20万円以下だったビットコインは、乱高下を繰り返しながら60万円を超えています。米ドル/円や金価格が、1年間に2~3倍に変化すれば、経済は大混乱に陥るでしょう。

さらに、ビジネスインサイダーでは、ビットコインが金投資に変われない理由が説明されている。ネットの世界でヤフーとAOLが覇を競いながら、グーグルやフェイスブック・アマゾンの後塵を拝したことも少し書かれています。

金とビットコイン

◆金には、ジュエリー・歯科・電子工学など工業品としての用途がある

◆金は、電気を必要としない。自然災害に強い。ハリケーンの被害を受けたプエルトリコでは、現金決済であり、金は使えてもビットコインは使えない

◆金の流動性は高く、毎日、ロンドンだけで138億ポンドの金が取引きされている。

ビジネスインサイダー:フランク・ホームズ

金もビットコイン同様に国家の管轄外にある通貨。しかし、国家が通貨を発行する前から人々に広く使われていた点が大きく違います。金は、銀や貝殻・銅銭といった他の通貨の挑戦を退けてきた王者と言えるでしょう。

また、仮想通貨と違い、戦争や紛争に強いというメリットがあります。ネット上の仮想通貨が法定通貨からの避難先として活躍する場面は、インターネット回線に問題がなく、法定通貨や国家に問題が生じた場合です。これってどういう事態でしょうか。

中央銀行が通貨の運営に失敗して、ハイパーインフレを起こした時か国家が債務超過で破たんした場合があげられると思います。

大規模な戦争・紛争などの場合は、インターネット回線や電力自体に不安が生じますし、現金や金・ダイヤモンドの方が有用。サイバーテロ・停電・国家の規制をビットコインは乗り越えられるのでしょうか?