金価格の変動要因はこれだ!世界情勢で動く

金は、「通貨」と「コモディティ(商品)の二つの面を持っており、世界の経済・政治情勢で変動します。金価格の長期推移現在価格を見ながらお読みください。

通貨としては、ドルや円と同じく、各国の金融政策や物価、他の通貨の上昇や下落、投資家のリスク許容(リスクオン)状況、国際的な政治・経済情勢が関係します。

コモディティとしては、鉱山会社の生産量や全体的な供給量、宝飾品の需要などが価格の変動金となります。

どのような要因で価格が動くのか項目ごとに見ていきます。

【KOYO証券の動画】

やさしいゴールド入門「価格変動要因(1)」

金価格の変動要因

二つの面を持つ金(ゴールド)の価格変動の要因をまとめまてみます。

通貨としてのリスク回避需要

世界的な経済危機や戦争・紛争などで通貨への信頼が揺らぐことがあります。米国で何か問題が起きるとドルからユーロや円に資産が逃げ出しますが、その逃避先の一つとして金も選ばれます。ドルやユーロが下落すると金が上昇しやすいのはこのためです。

金は、どこかの国の政府が発行しているわけではなく、国が破たんしてデフォルト(債務不履行)に陥るリスクがありません。

近年、近価格が吸気に上昇した要因の一つが、サブプライムローン危機からリーマンショック・ユーロ危機などの世界全体で発生した経済危機の影響で金投資への動きが起きたことです。

為替変動と金

為替変動による国内金価格

通貨としての金は、ドル・円・ユーロと同じ感覚で取引を行います。

また、日本国内の金価格は為替変動の影響を大きく受けます。世界の金価格は、1トロイオンス/ドルで取引され、日本は1g/円で取引されるため、国内価格に換算するとドル/円相場次第で価格が上下します。

ドル高円安に動くと国内金価格は下がり、ドル安円高に動くと国内金価格は上がります。

インフレ懸念

インフレ(物価上昇)も金価格の上昇要因です。景気が良くなり不動産や株式・商品の価格が上昇していくと、インフレへの備えとして金投資が増えます。

インフレは物価が上がり通貨の価値が下がる現象ですから、お金を現金で保有するより不動産や原油・株式で保有した方が有利です。不動産や原油で保有するのは大変ですが換金しやすい・少額投資が可能などメリットの多い金の保有が増えるのです。

世界的な金融緩和・金利動向

リーマンショックに続く金融危機で各国の中央銀行は、金融緩和を行い、低金利政策とお金を市場に大量供給する金融政策をを行い市場にマネーが出回る状態になりました。

ところが、米国や欧州・日本といった購買力の高い国が不況でモノを買わないため、余ったお金は設備投資ではなく、国債などの安全資産や金・原油といったコモディティ市場にも入っています。

金には金利がつかないため、金利水準にも敏感です。金利が上がれば、金利の付かない資産である金の魅力は低くなります。

そのため、低金利政策の間は、金価格を支えます。中央銀行が金利を下げたり金融緩和を行うと金への魅力が上がります。

中央銀行の金売買

国の通貨を支える中央銀行は、外貨準備として自国の通貨以外のお金を保有します。ドルやユーロ(米国債などの国債)などとともに金も外貨準備の一つとして保有されています。

以前は、欧州の中央銀行を中心に保有している金を売却する流れがあり、公的保有金を売り出すことで金価格が下落していましたが、現在は、金を購入する方が多く、特にインドや中国など新興国は、保有する金を増やしています。

中央銀行

中国やインドの金需要増加

中国とインドは、金需要が大きく、宝飾品では世界全体の半分を占めています。

インドは、結婚式のブライダル需要として金が求められ、中国では通貨や不動産への信用不足から金投資への需要があります。

そのため、中国やインドの景気が良くなるときんへの需要も増加します。

投資マネーによる金投資

欧米の機関投資家やヘッジファンドは、分散投資・リスクヘッジの用途として、金を保有したり、金融商品としての金投資を行います。

特に、先進国の経済成長が頭打ちとなり、株価の停滞・金利低下かつ新興国の経済成長が不安定な状況では、金の需要が増えて価格が上昇します。

逆に先進国・新興国とも景気が良く、株式投資や債券投資で十分に収益が上がる局面では金投資への需要は減り価格が下落します。

投資マネーと金

金鉱山の生産

鉱山からの金生産量は減っています。鉱石に含まれる金が多い・浅くて掘りやすいなど良質な金鉱山は掘り尽くしてしまい、掘りにくい鉱山からの生産が増えています。

また、新興国の経済成長により金鉱山の生産コストは上昇傾向にあります。

金鉱山のストライキ・コスト上昇・生産量減少は金価格の上昇要因となり、生産量増加は下落要因です。

戦争・紛争・政治情勢

有事の金と言われるように、紛争や戦争が起きる・起きそうな情勢だと金価格は上昇し、世界が安定・平和な情勢には金価格は下落します。

米・ソ冷戦時代が終了し、世界が安定化した時代は金価格が下落していき、その後に経済危機や国家間の争いが増えた時期に金価格が上昇する傾向があります。

地域紛争が増えたことで地政学リスクという言い方でリスクを表現することがあります。

世界情勢と金

金リサイクルの増加

金鉱山から掘り出す金以外に、リサイクルとして金スクラップからの供給が増えています。金は石油のように燃えてなくなるものではなく、電子機器に組み込まれた金を再利用することができます。この金を都市鉱山と呼び日本には、廃棄された携帯電話やパソコンなど豊富な金資源を持っています。

IMFの金売却

IMF(世界通貨基金)は、大量の金を保有しています。

2012年8月中旬の時点で、IMF(は9,050万オンス(2,814.1メトリックトン)の金を保有しており、ときおり、このIMFが保有する金を売却することがあります。

金が市場で売却されることは金価格の下落要因です。

都市と金