サントリーBOSS:18金懐中時計の秘密

<スポンサーリンク>

サントリーの缶コーヒー「BOSS」の20周年キャンペーン第3弾は、18金の懐中時計です。

北大路欣也さん、樋口可南子さんの2大キャストが、それぞれ大物政治家、料亭の女将に扮し、重厚感あふれるストーリーが展開される「BOSS 超」シリーズ。第2弾「金時計」篇には、日本を代表する大女優・若尾文子さんが、北大路さんの母親役で登場する。北大路さんと若尾さんの絶妙な掛け合い、母と息子の機微を捉えた樋口さんの言葉に、思わずはにかむ北大路さんの表情など、映画のワンシーンを思わせる、本格的で味わい深いやり取りに注目だ。サントリー

18金(18K)は、金の純度を表し、75%の金を含んでいるという意味になります。純金(24K)は柔らかいため、実用品には18金が多用されています。

BOSSの18金懐中時計の凄さ

18金の懐中時計

この18金懐中時計は、岩手県の雫石高級時計工房で作られています。高級メカニカルウォッチの一貫生産を行えるのは、日本でここだけという最高級時計作りの匠です。時計を組み立てている様子

文字盤は、日本の伝統工芸「七宝焼」を採用。尾張の名店「安藤七宝店」で製造したものです。七宝焼は、金属の下地に釉薬を乗せて菜色したもので、仏教で言う七宝ほどに美しいとされています。

18金の美しさ・七宝焼の文字盤・優れたメカニカルウォッチと三拍子揃った懐中時計です。

10名の方がもらえますので、応募したい方は、「サントリーBOSS」のキャンペーンページへ!