貴金属の日足チャート:2013年7月12日

<スポンサーリンク>

金・銀・白金・パラジウムの商品先物価格チャートです

7月12日の日足チャートでフジトミFITSを利用し、移動平均線は、10日・25日・200日線を描画、価格推移です。月足チャートもあわせてご覧ください。

貴金属価格

貴金属や先物の価格

貴金属に加えて、原油やゴムの価格です。2013年7月12日

貴金属の日足チャート

チャートはクリックすると拡大します。

金の日足チャート

金価格の日足チャート

銀の日足チャート

銀価格の日足チャート

白金の日足チャート

白金の日足チャート

パラジウムの日足チャート

パラジウムの日足チャート

2013年7月12日の貴金属情勢

米国のQE縮小観測に注目

エジプトの大規模デモやクーデーターによる紛争懸念

インドの金輸入制限問題

金価格下落が続く

金・銀の下落が強く、白金系は南アフリカのストライキの影響で下落幅は小さい。

2013年3月28日の貴金属情勢

現在の世界情勢は、日本の金融緩和で円が安くなる中で再びユーロが危うくなっています。

イタリア総選挙の混乱、キプロスの預金封鎖によりドルが買われる動きになっていることで貴金属価格にも影響が出ています。

ドル買いによる金売り。

ユーロ不安によるリスク回避での金買い

北朝鮮情勢など有事不安

短期的な金価格はチャートの形から見ても短期的なレンジの状況にあると言えます。

ただし、下への底抜けリスクも高いのでチャート上での以前の安値やサポートラインを割れないかどうかに注目しておきましょう。