インフレ期待の後退でサポートラインを割り込み金価格が大幅下落:2013年4月12日

金価格が週末金曜日に大きく崩れました。

金は一時2011年7月以来の1500ドル割れ。白金も2012年8月以来となる1500ドル割れ。

金価格およびチャート

●商品先物の価格

金価格

●金価格のチャート(1年間)

金価格の推移チャート

●金価格のチャート(5年間)

金価格チャート:5年間

長年維持し続けていたサポートラインを割り込んで下落しています。1500ドルの節目も割れることになりこの下げはきつい。

金価格の下落要因

米国で4月12日に発表された経済指標:「3月の卸売物価指数や4月のミシガン大学消費者信頼感指数」が予想以上に低下したことでインフレ期待が後退。

サポートラインとして注目を集めていた2011年12月29日安値1523.90ドルを割り込んだため、ストップロスを巻き込む売りの流れがさらに加速。

また、米国の金融緩和が2013年内に終了する可能性・キプロスの金売却問題・欧州危機の収束感などが金価格の急落要因になっています。

キプロスの金売却とFRBの出口戦略

来週は、金投資にとってサポートラインを割り込んで下落していることもあり、FRBの金融緩和に関する話題に振り回される週になりそうです。

日銀の金融緩和にとっても、これからが正念場ですから為替・株式・金ともに注意しておきましょう。

また、ゴールドマン・サックスなどが金価格の見通しを引き下げています。