最低数千円の購入額から取引できる金投資

<スポンサーリンク>

金投資は、数ある投資商品の中でも少額から始められる投資です。敷居が高い・高価だと考えてしまうかもしれません。ところが、比較的少額から始められるので、初心者にもはじめやすい金融商品です。

金投資の方法

現物投資の方法は大きくわけて二つあります。たくさんある金投資の方法

現物取引

ひとつは、金地金や地金型金貨など、金そのものを購入することです。金地金なら5g、10gといったg単位で販売されており、好きな単位で購入できます。

現物以外の取引

金投資は、現物の金以外に、商品先物や金ETF・金CFD・純金積立といった投資方法があります。中でも少額で気軽に金投資を体験できるのが純金積立です。 月々数千円という単位で継続的に金を購入する方法で、毎月自動的に決まった額を投資に回せるので、カンタンに金投資ができます。

商品先物取引にも金ミニという100gを取引単位とする商品が存在しており、1万円前後でスタート可能。

金投資の最低購入額一覧

投資方法 概要 最低購入額の目安
金地金・金貨 金貨や金地金を購入して保有する 約2~3万円
純金積立 毎月、一定額の金を購入して積み立てる 月々3千円
金ETF 金価格に連動して価格変動する投資信託 約4千円
金CFD 金価格に連動した差金決済取引 約7万円、ミニコースは7千円
金:商品先物取引 金の商品先物取引 約9万円、ミニコースは9千円

最少購入額は、あくまでも目安で、経済情勢や商品サービスの変更に伴い変化します。一番お手軽で最低購入額が少なくて済むのは純金積立。毎月一定額を積み立てていきますので、数年~数十年後には大きな資産になる喜びを味わえます。

お子様のために純金積立や金貨を購入する方もいらっしゃいます。金ETFも最低購入額が安く、他の金融資産に対するヘッジにもなりますから欧米で人気化し日本にも導入されました。

他の投資商品に必要な最低投資額

投資方法 概要 最少購入額の目安
株式投資 証券会社の株式投資 約10万円~100万円程度
投資信託 投資信託(ファンド)の購入 1万円位
国債 国債の購入 1万円から
FX 外国為替の証拠金取引 約5万円程度
不動産 マンションやアパート・土地の売買 数百万円程度