<スポンサーリンク>

「白金(プラチナ)や銀の投資」の記事一覧(2 / 2ページ)

白金や銀への投資に関する情報です。貴金属価格はお互いに連動しやすい。

白金(プラチナ)価格の予測と需給:ジョンソン・マッセイ

金と並ぶ貴金属「白金相場」の状況と予測です。貴金属会社が2013年5月のレポートを改めて見直してみましょう。

白金価格の予測と需給:ジョンソン・マッセイ

プラチナやパラジウムといった白金相場の需給について、最も詳しいレポートを出す会社が英国のジョンソン・マッセイです。
1817年に、Percival Norton Johnson氏によりロンドンに設立された試金・分析を行う会社です。

200年近い歴史を持っていますね。


白金価格の変動要因は南アフリカとロシアの影響大

南アフリカとロシアで新規生産の9割を占める上、両国とも政治・経済的に不安定なことから大きく価格変動が起きる可能性があります。

金および白金価格の予測貴金属チャート

白金価格の変動要因

生産国の動向や世界経済・景気変動の影響を受けます。


白金(プラチナ)の需要とロシア&南アフリカに偏っている供給(生産)

金と同様、貴重な貴金属として、宝飾用や投資用に利用されているのが白金(プラチナ)。特に日本での人気が高く黄金の輝きよりも白金の淡さを好み結婚指輪といえばプラチナリングの方が選ばれます。

白金(プラチナ)とは

白い輝きを持ち安定した金属で酸などに強く、他の金属と比べて重いなど金と似た特徴を持ちます。融点は、金の1064℃に対して1770℃と高温にも耐えることができ、工業用・宝飾用と広く利用されています。


中国の大気汚染で白金の需要が増える

もう、皆様ご存知だと思いますが中国の大気汚染はますますひどくなっています。中国の専門家によると30万人に何らかの影響があり、日本にも飛来してくるとのことでかなり大規模となっています。春先に黄砂が飛んできますが、今年は黄砂プラス大気汚染です。

大気エアロゾル予測のサイト

北京市などで、肺がんなどを引き起こす微小粒子状物質(PM2・5)が大気中に蔓延し、死者を出すなど異常事態が続いているうえに、すぐに収まる秘策はない状態です。