<スポンサーリンク>

「純金積立」の記事一覧(2 / 2ページ)

純金積立で毎月購入していくと、高騰や暴落など価格を意識せずに済みます。意外に貯まるものですよ。

数千円から始められるコツコツ型の純金積立

金投資のなかでも気軽にはじめられることで人気なのが「純金積立」です。投資初心者に向いている金融商品で、どんなことに注意して取引すればいいのと気になる方も多いはず。

金に興味のあるあなたなら、田中貴金属のCM「コツコツ音頭:加藤清史郎」バージョンの「コツコツ~つみたて~♪」を聞いたとがあるのではないでしょうか。

田中貴金属:コツコツ音頭 純金積立で有名な会社


純金積立はドルコスト平均法を利用して安い時は多く買い高い時は少なく買う方法

純金積立はドルコスト平均法と呼ぶ方法で、毎日少量ずつ金を購入しているため、購入価格が高くなるリスクを少なくしています。

金価格が安いときに購入すれば、値上がりによって得られる利益は大きくなります。しかし、日々変化し続ける金価格の買いどきを見極めるのは難しいことです。

一度に大量購入するよりも何度かに分けて購入することで高値で買ってしまうリスクを分散。このリスク分散は、純金積立に限らず、他の金融商品でも利用されている方法。

金融商品を購入するときに、毎月一定の金額で継続して購入することによって価格変動リスクを分散させるような投資法があります。

純金積立は、毎月、一定額を積み立てることでリスク分散を行う投資方法ですが、金地金や地金型コインでも、一度にまとめて購入するより、何度かに分けて買う方が価格変動に伴うリスクを抑えることになります。

※高値で購入するリスクを分散しますが、値下がりリスクをゼロにすることはできません。