<スポンサーリンク>

「CFD取引」の記事一覧

差金決済取引のCFDも金を取引できます。ドル建てだったりしますので注意して売買ください。

GMOクリック証券CFDは優秀なプラチナチャートが使えて133銘柄が取引できる!

金相場で短期売買したい時にCFDを利用できます。CFD取引で、高いシェアで人気の証券会社がGMOクリック証券。CFDは、証拠金を預ければ、レバレッジを掛けた取引ができますし、売りからも買いからもスタートできます。

ただし、スワップポイントが売り買いともマイナスになることもありますからご注意ください。長期よりも短期トレード向きの金融商品。


金スポット取引(XAU)についての解説

CFDで取引される場合の金価格は金スポット(XAU)を原資産とすることがほとんど。この金スポットは、商品先物市場や株式市場のような取引所がなく、電子回線を元に、世界中で取引される市場。FXで行われる為替取引と同じと考えれば、イメージが沸くと思います。

実際、金スポットの表記は、XAU/USD。このXAUは、ISO4217で決められた通貨コード表記。

従来の電話取引から電子ブローキングに切り替わる中で、金スポット取引もロイターディーリングやEMSという世界中の銀行・証券会社が取引する金融取引ネットワークに組み込まれています。

電子取引


個別株・株価指数など証券CFDの口座数・証拠金残高推移

個別株や株価指数など証券CFDの口座数・証拠金残高の推移データもまとめました。日経平均やNYダウ・上海株などの株価指数に関するCFDは人気銘柄。

金投資をはじめ貴金属は商品CFDに属しており、証券CFDデータには含めません。共通の部分は多いだけに一緒にした方がデータをまとめるのは楽なんですけどね。

さて、日本証券業協会がまとめる店頭CFDの状況です。


商品CFD取引の口座数・証拠金残高推移データ

CFD取引の統計データは、日本証券業協会と日本商品先物取引協会が口座数・証拠金残高の推移を取りまとめて公表しています。

CFDの場合、金投資を含む商品・個別株・株価指数などがあり、証券関係のCFD取引データは日本証券業協会がまとめ、商品CFDは日本商品先物取引協会がまとめる形。

GMOクリック証券・DMM証券などの会社が取り扱っている金融商品。金先物同様に、金価格の変動で利益を得る金CFDも取引できます。

口座数や証拠金残高から見えてくるCFDの人気度は以下の通り。


DMMCFDはチャート分析しやすい。金・銀や米国株を対米ドルで取引できる

差金決済取引(CFD)は、金価格の値上がりや値下がりによる利益を狙う取引。現物以外の金投資は、商品先物取引がその代表といえますが、FXトレードに慣れている方にはCFD取引の方が使いやすいかも。に大手FX会社のDMM.COM証券が提供するプラットフォームは扱いやすさで人気を集めています。


新たな金融商品【金CFD=差金決済取引】

現物以外の金投資といえば商品先物取引がその代表でしたが、金ETFやCFD(差金決済取引)の登場で選べる金融商品が増えました。

金の商品先物取引は、将来のある期日に金を受け渡す約束をして、その「買い」の価格、または「売り」の価格を現時点で決める取引です。

一年後の金価格が上昇すると予想すれば、安いうちに購入し期限までに価格が上昇すれば売値と買値の差額を利益として受け取れます。もちろん、逆に下がれば損失です。

また、金価格が上昇しそうなときには「買い注文=買い建玉」、下落しそうなときには「売り注文=売り建玉」を行うことで、金価格が上昇しなければ利益が出ない現物取引と違い、先物取引では金価格が下落しても利益を得られるチャンスがあります。