<スポンサーリンク>

「金投資を行える会社」の記事一覧

実際に金投資で売買を行える会社一覧。営業マンの勧誘に乗らず、自己判断で売買すること。

売買シグナル配信と【10万円定額手数料】の二つが特徴的なUHGグループ

株式会社UHGは定額手数料制度を導入しています。

商品先物取引のオンライントレードで金先物を取引した場合、1枚(1000g)当りの手数料は往復で約1,000円です。(手数料比較

値幅に直すと1円ですから手数料の抜け幅は1円。営業マンと取引するより安い価格で取引できます。

大口取引や売買が多いお客様に有利な定額手数料

1カ月に1回、1枚取引する方は、普通の手数料制度を利用した方がお得です。

定額手数料は、取引量の多いお客様に有利な制度です。1日に何回も取引したいデイトレーダーの方は興味深い手数料体系ではないでしょうか。

NY金価格チャート

金価格は、一日の中でも大きく動きます。NY金で数十ドル、東京金で1日に数十円は動く日の方が多いため、デイトレードやスキャルピングトレードの方にも人気の銘柄。


スマートフォンが利用できる金の商品先物会社比較

金価格の動きがダイレクトに反映される先物取引。仕事で外出している時に、価格のチェックや約定チェック、発注や情報確認をしたいものですね。

いつ、急なニュースなどで金価格が動き出すか分かりません。そんなときに外出先で対応できずに利益を逃がしたり損失を出すのは悔しい。

スマートフォンの普及で、外出先でのトレードが行いやすくなりました。

金先物を取引できる商品先物取引各社もスマートフォン対応を行っています。

スマートフォンが利用できる商品先物会社の比較

商品先物取引会社

スマホ/iPhone系

スマホ/Android系

EVOCX(エースCX)

アプリ版

アプリ版

コムテックス

アプリ版

アプリ版

ドットコモディティ

アプリ版

 

日産センチュリー証券

価格や口座情報用

価格や口座情報用

フジトミ

ブラウザ版

ブラウザ版

岡地

ブラウザ版

ブラウザ版

北辰物産

ブラウザ版

ブラウザ版

岡藤商事

ブラウザ版

ブラウザ版

フジフューチャーズ

岡安商事

2013年7月3日:各社ウェブサイトを調査

アプリ版とブラウザ版のどちらを選ぶか私なりのアドバイスを。

アプリ版はダウンロードやアップデートが必要ですが専用アプリケーションだけに操作が軽く扱いやすいと思います。

そのため、金先物取引を頻繁に利用するトレーダーの方はアプリ版をお勧めします。


商品先物取引の比較:金の受渡し・入金・サポート時間

商品先物取引会社で金や銀などの貴金属を取引するためには、どこかの会社に口座を開設しなければいけません。

金投資の中でどの取引が自分に向いているか確認したい方はこちら

金先物を扱う商品先物会社の比較ポイント

どの口座を開くのがお得か比較するためのポイントをご紹介いたします。特に金や白金を安く手に入れたいとお考えの方には貴金属の現物を受渡しできるかどうかが重要です。

トレードによる差益(キャピタルゲイン)狙いの方は、サポート時間や取引手数料・取引システム・マーケット情報などが口座開設のポイントになります。

もっとも重要な比較ポイントである取引手数料による比較と共にご覧ください。

金など貴金属の現物受渡し

商品先物取引会社

現物受け渡し

エースCXオンライン

金、銀、白金、パラジウム

岡地

金、銀、白金、パラジウム

岡藤商事

金、銀、白金、パラジウム

岡安商事

金、銀、白金、パラジウム

日産センチュリー証券

金、銀、白金

ドットコモディティ

金、白金

北辰物産

フジトミ

なし

フジフューチャーズ

なし

コムテックス

なし

金や銀の現物を受け取る(渡す)サービスを提供している会社達です。

金投資を行う上で、商品先物取引は、値上がりや値下がりで利益を得るキャピタルゲイン狙いだけでなく、現物(金地金)を割安で受け取ることに優れています。


金先物の手数料比較:約1円が手数料抜け幅となるコスト面で有利!

たくさんある金投資のなかでも、金価格の変動を利用して短期トレードで利益を狙う方に向いているのが「金の商品先物取引」。金先物の【手数料抜け幅は約1円】と他のサービスと比較して格安!

コスト・取引のしやすさ・情報入手のしやすさと、メリットが大きいので検討してみてはいかがでしょうか。とうもろこしや小豆などのいわゆる商品相場に手を出しにくい方も金ミニ取引であれば取引しやすいと思います。

サポート時間・貴金属の現物受渡・初回入金やクイック入金の商品先物比較

金の先物取引は、オンライントレードと営業マンに注文を出す対面取引の二つの方法で取引できすが、コスト面では比較にならない程オンライントレードの方が安い上に営業マンからの勧誘を避けることもできます。


CFD取引会社の一覧

商品先物取引やFX取引と似た金融商品「CFD」で金や銀を取引できます。

金を扱うCFDの会社

IG証券(旧IGマーケッツ)

DMM CFD

GMOクリック証券

サクソバンクFX証券

そのほかのCFD会社

ひまわり証券CFD

内藤証券CFD

国内および海外の株式指数や穀物などを取引したい方はご検討ください。

ドイツ・ベルギー・スウェーデンなど世界各国に興味のある方などにもお勧めです。

イギリスはこのCFD取引の人気が高い国でプロサッカーのプレミアリーグに参加しているクラブのスポンサーになっている会社を良く見かけます。


金地金やコインを購入できる会社

実際に金を購入できる会社を集めました。店頭に出向く・電話・インターネットなど様々な方法で金を購入することができます。

もし、実際に店舗に出向くときは、お店に電話をした上で、営業時間や取扱い商品の内容・自分の希望などを伝えておきましょう。

日本金地金流通協会:正会員・登録店

金地金業者が集まった協会で、田中貴金属や徳力本店などが会員になっています。お住まいの都道府県における正会員や登録店を調べることができます。

下記に金を購入・販売できる会社をご紹介します。もちろん、こちらに掲載している会社が全てではなく、多くの会社で貴金属の買取・販売を行うことはできます。

金の購入において大切なことは価格以上に信頼(金の刻印等)です。偽物や品質の悪いものを掴まされないように信頼のおける会社で購入しましょう。


純金積立を取引できる会社一覧:はじめたい方はこちら

金投資の中でも、毎月、積立を行う純金積立は人気の商品です。取扱い会社をご紹介します。

純金積立の取り扱い会社

楽天グループの証券会社:純金とプラチナの積立があります。

田中貴金属:大手貴金属商の田中貴金属です。

三菱マテリアル:三菱グループ

KOYO証券:商品先物・証券の会社

石福金属興業:貴金属商

住友金属鉱山:金属を扱う鉱山会社

ドットコモディティ:大手商品先物取引会社

エース交易:大手商品先物取引の会社