アフリカ発~UAE(ゴールドシティ)経由の金密輸ルート

<スポンサーリンク>

ロイターの報道では、アフリカから相当量の金が、UAE(アラブ首長国連邦)経由で、欧州へと密輸されているそうです。金価格の上昇に伴い、以前より大幅に上昇。

2006年は、67トン(13億ドル)だった金の密輸。2016年には446トン(151億ドル)と7倍以上の増加。

アフリカからUAE経由の金密輸ルート

この間に、金価格は、1ドル600ドルから1300ドルへと倍以上に上昇。日本への金密輸増加は、消費税の税率アップが要因でしたが、こちらは、金価格の上昇が、密輸増加の理由。

儲かるの言葉の前には、モラルやルールを破ってでも・・・という強いエネルギーがありますよね。なかなか。防げないのが実情。

実際、446トンという数字も正確なものではありません。ロイターは、UAEへの輸入総額とアフリカ諸国の輸出額を比較することで、違法な取引の量を計算。

The UAE reported gold imports from 46 African countries for 2016. Of those countries, 25 did not provide Comtrade with data on their gold exports to the UAE. But the UAE said it had imported a total of $7.4 billion worth of gold from them.

In addition, the UAE imported much more gold from most of the other 21 countries than those countries said they had exported. In all, it said it imported gold worth $3.9 billion – about 67 tonnes – more than those countries said they sent out. ロイター金の密輸

この金密輸の元となる金は、小規模な探鉱として開発されており、何百万人ものアフリカ人に生計を提供。ガーナ・タンザニア・ザンビア・コートジボワールなどでの生産は、水質汚染をはじめとした公害を引き起こしています。水銀・シアン・硝酸など人間・環境に被害を与える物質を利用して、金を生産しているから。

主な金の密輸元:マリ・タンザニア・ガーナ・トーゴ・カメルーン・・・

コンゴ民主共和国からは、公式輸出の何倍もの金が、ウガンダやルワンダに密輸されています。そして、中間目的地は、UAEのドバイ。2016年、UAEは、中国の2倍近くの金を輸入。

ゴールドシティのドバイ

アラブ首長国連邦のゴールド貿易中心地「ドバイ」の発展は、皆様もご存知の通り。そして、今、ここはゴールドシティと呼ばれることになりました。すごいですね。金満っぷりをそのまま表現したような言葉。

欧米・中国・インドでの金需要の高まりは、アフリカでの違法な採掘と密輸を増やすことになりました。価格が上がれば、いいことばかりではありません。

紛争地帯でのダイヤモンドのことを描いた紛争ダイヤモンドと同じく、問題が解決することを望みます。

タンザニアでは、非公式に採掘された金の90%が、国外に密輸。そのため、ジョン・マグフーリ大統領は、中央銀行にこれを買い取らせる計画や貿易正常化を計画。

ブルキナファソの鉱山大臣「Idani」氏は、金の大部分が、大西洋岸のトーゴに密輸されてから、ドバイに向かいます。しかし、その内容を把握できていないとロイター通信に語っています。

 

 

関連コンテンツ

<スポンサーリンク>
 

金投資&先物人気ランキング