リアルタイムの金価格や予想・金投資のノウハウを紹介します。世界で人気の純金積立や投資信託の方法。さらに、今後の見通しを徹底的に解説いたします。

  1. 政治・軍事ニュース
  2. 47 view

中国の南シナ海領有権に、違法との公式声明を米国が出したために、地政学リスク高まる

トランプ政権による対中批判が、どんどん高まっています。金価格に影響する地政学的に重要なニュースが登場しました。

中国に南シナ海領有権主張に対して、米国が、正式に却下して、中国の行動は違法と宣言。

中国の南シナ海領有権主張を否定したことで、米中対立強まる

●NY金先物価格:2020年7月13日

NY金は1800ドルを超えて上昇

NY金価格は、1800ドルを超えて上昇。もちろん、この対立が、ただちに、米中戦争になるわけではありません。むしろ、中国の行動を放置しておくよりも歯止めを掛ける方が、長期的な戦争リスクを下げることになると思います。いわゆる第二次大戦で英国のチェンバレン首相の採用した宥和政策が戦争を止められなかったように、中国の拡張政策を放置しておく方がリスクです。

しかし、短期的には、地政学リスクは、高まり、金価格は上昇。

米国は、南シナ海における東南アジア沿岸国の主権を脅迫している中国の行動に歯止めを掛ける意識があるのでしょうか。海を得るということは、海洋資源と航路の安全を確保するということになります。

米国の中国に対する声明文は以下の通り。

世界は北京が南シナ海を自国の海洋帝国として扱うことを許さないだろう。アメリカは、東南アジアの同盟国やパートナーとともに、国際法上の権利と義務に沿って、海洋資源に対する主権的な権利を保護するために立ち上がる。私たちは、海洋の自由と主権の尊重を守るために国際社会とともに立ち、南シナ海やより広い地域で「力が権利を生む」ことを押し付けようとするいかなる圧力も拒否する。米国の南シナ海への主張

覇権を主張する中国に対して、米国は、断固とした行動を取れるのでしょうか。

中国側の反応

米中対立構造が、単なる大統領選挙の票集めに利用されるのが、市場にとって、最悪のシナリオです。その場合、金融市場は、混乱に巻き込まれる可能性があります。貿易合意が破棄されれば、米中対立激化から、金価格は、2,000ドルを目指す可能性があります。

むしろ米国の挑発に敢えて乗り、フェーズ1合意で約束した農産物などの購入を止めて、トランプ政権の支持率低下を狙う方が得をするのではなかろうか。以上のように考えると、私はマーケットにとって最悪のシナリオ、つまり、トランプ政権の中国批判がこのまま激化し、貿易合意が破棄され、しかも支持率が回復せずに大統領選を迎える可能性は意外と高いのでないかと感じ始めている。最悪のシナリオ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP