リアルタイムの金価格や予想・金投資のノウハウを紹介します。世界で人気の純金積立や投資信託の方法。さらに、今後の見通しを徹底的に解説いたします。

  1. 金価格・相場の予想
  2. 102 view

ロシアのコロナワクチン開発で、金価格は、お盆の調整入り局面

ロシアのコロナウイルスワクチン開発及び米長期金利の上昇で、金価格は、調整安。NY金は、1,900ドルをはさみ、調整安と押し目買いで、荒い値動きが続きます。

ロシアは、プーチン大統領が、娘に接種したと発表。安全性に疑問があることから、どんでん返しもありえるかもしれません。

ロシアのコロナワクチン開発で、乱高下する金価格

●NY金の日足チャート 2020年8月13日

NY金の日足チャート

ここまで、強い上昇トレンドを描いていたNY金相場。さすがに相場が加熱していましたので、調整の動き。ただし、まだ、上昇トレンドを維持しており、安易な売りは注意したいところ。

ロシアのコロナワクチンについて

なぜ、こんなにはやく、ロシアがコロナワクチンを開発できたか。臨床試験をすっ飛ばしたのと、アストラゼネカへのサイバー攻撃という2つの説をご紹介します。アメリカのコロナワクチンは、まだ実用化されていませんしね。

調整で売られた金

スポンサーリンク

ロシアのウイルス開発ニュースを受けて、金は売られて、国債利回りは上昇。金が下落した最初のきっかけは、金曜日に、SPDR Gold Sharesが、3億8,200万ドルの流出を報告したこと。ブルームバーグでは、CFRAリサーチのトッド・ローゼンブルート氏の意見として、2020年に生じた資金流入と金価格上昇から、投資家は利益を得るため、永久に資金を集めるファンドは存在しないと指摘。

米中対立激化や世界的な金利低下の動きが続く今、金の調整はあっても、ダウントレンドへの転換は考えにくいところです。

志摩力男氏も、買われすぎ後の調整について、記事を書いています。

買いの主役は、先進国のETF(上場投資信託)需要。要は、先進国の資産家が、超金融緩和と米中対立というロジックから導き出したリスクヘッジ投資です。 しかし、金が「安全資産」とはいえ、これはこれで投機です。買われ過ぎの後は、調整がきます。今回の調整のきっかけは、米長期金利(米10年債利回り)が少し上昇したからです。上昇したと言っても、0.50%前後から0.65%前後へと、0.15%程度上昇しただけです。ザイ:金の調整について

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP