リアルタイムの金価格や予想・金投資のノウハウを紹介します。世界で人気の純金積立や投資信託の方法。さらに、今後の見通しを徹底的に解説いたします。

  1. ファンダメンタル及び中銀
  2. 81 view

M2(マネーストック)の急激な上昇は、いずれゴールド価格に反映されるでしょう

その国の通貨供給量を示すマネーサプライは、過去、非常に増えています。金価格の上昇とは、比較にならないレベルで増加。そのことを示すのが、FRBが提供するM2とゴールドを比較したグラフ。

ゴールドとM2:マネーストックの関係

M2:マネーストックは。過去何十年も伸び続けています。金価格は、その動きに追いついていません。

M2とゴールド

M2には、主に家計が保有する幅広い金融資産が含まれています。M2は、M1に加えて次のもので構成されます。(1)普通預金(マネーマーケット預金口座、またはMMDAを含む)。(2)小額の定期預金(10万ドル未満の定期預金)。(3)リテールマネーマーケットミューチュアルファンド(MMMF)の残高。季節調整済みM2は、それぞれ季節調整済みの普通預金、小額定期預金、リテールMMMFを合計し、この結果を季節調整済みM1に加算して計算されます。FREDグラフ:M2

金本位制が終わって以降、金に縛られていた通貨供給は、大幅に上昇することになりました。特に、今回の新型コロナウイルスの影響あ大きいことは、このグラフから読み取ることができます。

金は、限られて埋蔵量と在庫の貴金属。ワールド・ゴールド・カウンシルのデータでは、世界の金在庫は、197,576トン(2019年末)

セントルイス連銀の調査では、マネーサプライの増加が、消費者物価指数に反映されるまでに、2~3年かかるといいます。

そうなると、新型コロナウイルスによるマネーサプライの増加が、インフレになるのは、2年後の2022年から2023年頃ということになりますね。このマネーサプライの増加は、2021年も続きそうです。トランプ政権はもちろん、バイデン政権になっても新型コロナ支援の経済対策は必須です。

米国の新型コロナ支援策の規模

さて、トランプ政権による新型コロナ支援対策は、巨額であり、金価格を上昇させる一因になりました。

  • 第一回:緊急補正予算法:3/6:83億ドル
  • 第二回:家族第一・コロナウイルス対策法:3/18:1,929億ドル
  • 第三回:コロナウイルス支援・救済・経済安全保障法:3/27:2兆2,830億ドル
  • 第三.五回:給与保障プログラム・ヘルスケア強化:4/24:4,840億ドル

米経済対策第4弾を巡る動き:市川レポートより

さらに、ペロシ下院議長とムニューシン財務長官で協議している追加の新型コロナ経済対策は、民主党が2兆2000億ドル規模、ホワイトハウス側が、1.8兆ドル規模と巨額です。

いずれ、財政赤字拡大・マネーサプライ拡大という形で、様々なところに影響が出てくるのは間違いありません。

そうなると、金価格も2,400ドル~3,000ドルへと上昇してもおかしくありません。

価格インフレではなく、金の価値を決定するのは金銭的インフレ(つまり、マネーサプライの成長)です。

M2に戻すには、金を約$ 2,400に増やす必要があります。

金が3,000ドルになる方法

米国が抱えることになる巨額の財政赤字を何とかするには、プラザ合意などのようにドル安誘導しかなくなってきました。借金を返すため、金利上昇を抑えながらのドル安は、ゴールドの大好物です。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP