リアルタイムの金価格や予想・金投資のノウハウを紹介します。世界で人気の純金積立や投資信託の方法。さらに、今後の見通しを徹底的に解説いたします。

  1. 金価格・相場の予想
  2. 364 view

2020年の金相場まとめ:新型コロナウイルスによるパンデミックの足跡

VanEckVectorsによる2020年及び2021年の金価格変動要因のまとめです。

2020年の金相場まとめ

まず、新型コロナウイルスのパンデミックの影響が、最大の変動要因

新型コロナウイルスのパンデミックで、金価格は上昇

金価格は、パンデミックの影響で、2020年に25.1%または、381ドルの上昇。

最初、市場全体が、ポジションの精算・現金化に動いたため、3月16日に、2020年最安値である1,451ドルまで下落。

その後、パニックが収まり、ロックダウンの影響、各国での金融緩和・財政支出によって、金価格は上昇。7月27日に史上最高値1921ドルを超えました。

8月7日、史上最高値の2,075ドルを付けています。

2020年の金価格:GMOクリック証券 金スポット日足チャート 2021年1月15日

2020年の金スポット

ワクチン開発で一喜一憂

8月以降、金価格は、一段落。1800ドル~2,000ドルの間で、短期的な下落を見せていました。

11月初めに、COVIDワクチンの開発が実用化されて、金価格は、下落。

米ドル安などもあり、1オンスあたり1,898ドルで年末を迎える

2020年、金の強気相場。その原因

●パンデミックによって引き起こされる不確実性とリスク
●米国連邦準備銀行(FRB)の金利目標の引き下げ(0%まで)、債券利回りの低下、実質金利のマイナス
●巨額で前例のない政府の赤字支出
●FRBの量的緩和(国債と住宅ローン担保証券を月額1,200億ドルで購入するため)
●証券を購入し、経済全体に信用を拡大するためのFRBプログラムの前例のない拡大
●企業間の債務水準の高騰
●7月から始まるドル安
●中国との貿易およびその他の緊張

2021年の金を動かすリスク

上記が、2020年の金価格を上昇へと引き上げた要因でした。そして、2021年も、また、上昇トレンドが続くのではないかと予想しています。

2021年の金価格:上昇予想

  • 名目金利及び実質金利のマイナス
  • 2023年までのゼロ金利政策の継続

良く言われていることですが、ゼロ金利が続くことで、投資家は、リスク資産へとマネーを動かすことになります。マイナス金利やゼロ金利では、お金を預かっても、利益が出ませんからね。さらに、政府及び中央銀行が介入することで、市場メカニズムは歪められており、ビットコインやテスラの暴騰につながっています。株式投資アプリのロビンフッドによる投資ブームには善悪両面があると思います。

●債務の拡大:2021年、OECD加盟国の公的債務残高は、前年比1270兆円増加。コロナによる債務増加は持続できるのでしょうか。

スポンサーリンク


●バイデン政権による財政拡大:まずは、1兆9000億ドル規模の追加経済対策で船出。今後、増税や財政支出は、政府の債務負担を増加させることになるでしょう。ゴールドは、インフレと通貨価値低下へのヘッジ手段として、考えられています。

●インフレ率の制御:インフレ率2%を一時的に、超えても良いことを許容したパウエルFRB。インフレを制御できるかどうか誰にもわかりません。

●米ドル安:2020年に米ドルインデックスは、6.8%下落。バイデン政権下、米国の財政状態が悪化すれば、米ドルの弱気相場は、続く可能性があります。

これらの要素から、VanEckは、2021年の金価格を強気トレンドで予想しています。

 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP