リアルタイムの金価格や予想・金投資のノウハウを紹介します。世界で人気の純金積立や投資信託の方法。さらに、今後の見通しを徹底的に解説いたします。

  1. 政治・軍事ニュース
  2. 53 view

イエレン米財務長官は、2022年に完全雇用に戻る可能性を指摘!

ジャネット・イエレン米財務長官は、バイデン政権の1.9兆ドルの刺激策が実行されれば、米経済は、2022年に完全雇用に戻るとの考えを示しています。ただし、もし、財政刺激策が不十分であれば、雇用と経済の回復は遅れるとも話しており、議会に向けた圧力にもなっています。CNBCによるイエレン財務長官の話。

ゴールドの値動きは、インフレ歓迎も、このところ、大きな動きは見せていません。原油やプラチナの方が上昇している形です。

イエレン財務長官は、インフレよりも経済支援しないことの方がダメージ大

イエレン財務長官、FRB議長時代と変わらず、雇用を重視する姿勢は変わらず。

  • 失業率は、2021年1月で6.3%。昨年よりも900万人、労働者が少ない
  • 連邦政府の追加刺激策がなければ、失業率を4%に戻すのに、2025年までかかる可能性
  • インフレリスクについては承知している。しかし、充分な経済支援を提供しないことによる経済的な被害より小さい。
  • 米国は、インフレリスクに対処するツールがある。

イエレン氏とサマーズ氏の考え方の違い。将来のリスクよりも目の前の危機を乗り越える方が先というイエレン氏の考え方。それに対して、サマーズ元財務長官は、財政規模が大きすぎるのではないかと指摘。

イエレン米財務長官は、ズルズルダラダラと景気停滞を招くよりも、パンデミックにかたを付けて、次の段階に進む方向が良いと考えているはず。少々のインフレを許容することは、FRBとも握り中。さて、議会は、バイデン政権の1.9兆ドルを通すでしょうか。

株式市場が調整する可能性

2021年2月、株式市場の調整はあるか

フィリバスターを乗り越えての追加財政刺激策を成立させられるかで、金融市場の動きは変わります。もちろん、金価格の動きも!

金よりも株式やビットコインが上昇している相場

ビットコインや株に資金は流れており、金価格はやや下げている傾向。

スポンサーリンク

経済回復は、中央銀行の金融緩和を正常化させるプロセスに進むことにもなります。バーナンキ・イエレン両FRB議長の元でのテーパリングが、再び行われることになるでしょう。QE2の時と同じく、金価格に大きなショックを与える材料の一つです。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP