リアルタイムの金価格や予想・金投資のノウハウを紹介します。世界で人気の純金積立や投資信託の方法。さらに、今後の見通しを徹底的に解説いたします。

  1. 金価格・相場の予想
  2. 129 view

インフレを恐れないFRBの元で長期金利上昇。金融市場が変調気味もゴールドは下落

米10年債金利が上昇したため、金価格は下落。インフレ懸念により、長期金利が上昇。しかし、金価格は、金利上昇によるデメリットの方が目立っており、債券市場の逆風に面している形。

金利が上昇したことで、米債や米ドルの魅力が高まり、相対的に金価格は下落。

●日米金利と金スポット価格 2021年3月2日 GMOクリック証券

長期金利の動向

7月に、米金利が上昇しはじめてから流れは変化。金スポットは、1722.8ドルに下落。

金利の上昇で、金融市場が変調するも金価格は下がる

現状、激しいインフレや悪い金利上昇が生じるリスクまで、市場は考えておらず、金ETFからもマネーが流出しています。

インフレを恐れないFRB

連邦準備制度がイールドカーブコントロールを検討することを合図するまで、金価格は引き続き下落する可能性があります。

注目すべきは、パウエルFRB議長が今週、FRBがかなり長い間その超緩い金融政策に固執することを明らかにしたにもかかわらず、債券利回りが急激に上昇し続けていることです。市場は信じていないようです。連邦準備制度理事会、または連邦準備制度理事会が政策の誤りを犯し、インフレの上昇を過小評価していることを恐れている」と述べた。アンナ・ゴルボワ:金価格は3%下がる

FRBは、2021年春の金利上昇は許容し、激しいインフレにはならないと考えています。市場の方は、もう少しインフレを警戒しているというイメージ。

FXTMの市場アナリスト、ハン・タン氏

「この傾向が続くと、金は過去7回から6回目の月間損失を記録するだろう。」「インフレ上昇の脅威にもかかわらず、投資家は明らかに、景気回復のコートテールとその後の価格の高騰にうまく乗ることができる他の資産を支持して金を捨てることをいとわない」

新型コロナからの景気回復で、株式市場の好調は続くと予想している向きは多い。バイデン政権によるインフラ投資や環境投資も景気を押し上げる効果を持つ。そのため、ゴールドは売られている。ハン・タン氏もインフレ上昇の要素はあるも、目先の金価格には弱気。

金ETFからの資金流出が止まるか。インドや中国の現物金需要が増えれば、また、トレンドが変わると思います。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP