リアルタイムの金価格や予想・金投資のノウハウを紹介します。世界で人気の純金積立や投資信託の方法。さらに、今後の見通しを徹底的に解説いたします。

  1. 金価格・相場の予想
  2. 303 view

1,900ドルに向けて金を買い始める時期が来たと語るダニエルパピロニス氏

RJOフューチャーズのシニアコモディティブローカーであるダニエルパビロニス氏は、金を買い始める時期が来たのではないかとキットコニュースに語っています。

景気回復と米ドル高によって、下落している金価格ですが、株式市場に不穏な空気が、流れているのは事実。もっとも。近年の株式市場は、バブルと何度も叫ばれながら、高値を維持しているように、バブル維持の方向に動く中銀及び政府・投資家が協力して、価格を維持しています。

1,900ドルに向けて、金を買い始める時期なのか?

その分、リスクオンの動きの時、金価格は下落します。

パビロニス氏は、「市場のセンチメントは、8月に戻ったときと比べて低い。これは良い兆候だ。おそらく金の買い始めの時期だろう。来週は、金の上昇週がさらに見られるだろう」と語った。「まだ上向きに転じていないのも不思議ではない。米ドルは引き続き堅調である。ワクチンの流通に失敗した後、欧州が閉鎖されているため、今後しばらくは堅調になるだろう。資金の流れは歪曲する可能性が高い。米国へ」と語った。金価格を1,900ドルに上昇させるきっかけ

欧州は、またもやコロナウイルスのダメージを受けており、変異ウイルスの拡大により、なかなか、元に戻りません。

スタンダードチャータードの貴金属アナリストを務めるスキ・クーパー氏は、「金は現在の価格水準で快適に見える。」と考えており、大きな材料が出ない限り、金価格が急騰する可能性はなさそうです。

金価格が上昇するきっかけとは

それでは、金価格が上昇する可能性としては、どのような材料があるのでしょうか。

  • 米ドルの上昇トレンドが終わる
  • 強いインフレが生じる
  • 米中関係の緊張
  • 中国の台湾や日本への圧力政策
  • 米国長期金利の上昇と金価格との逆相関の終わり
  • バイデン政権による新しいインフラ政策
  • 主要都市でのロックダウン再開
  • イランを巡る中東での紛争

どれもいつ起きても不思議ではない材料。そして、株式市場では、トレンドフォロー型のファンドが損失を被っている様子。

ただし、いきなり、金価格が跳ね上がる大きなきっかけは、いまだ見えず。2021年4月に入ってからの動きを見てみたいのが、金相場の環境だと思います。

タイガー・マネジメントの元トレーダー、ビル・ファン氏の損失が株式市場を揺るがしました。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP