リアルタイムの金価格や予想・金投資のノウハウを紹介します。世界で人気の純金積立や投資信託の方法。さらに、今後の見通しを徹底的に解説いたします。

  1. 金価格・相場の予想
  2. 225 view

2021年5月の金相場:5月は、季節的な下落に注意

2021年4月の金相場は、3月の弱気からのリバウンドで上昇しました。

それでは、5月の金価格は、どう動くのでしょうか?シーキングアルファの記事からご紹介いたします。

  • 4月は、弱気トレンドの強気相場。
  • 5月に向かう中で、ショートボジションが有利

5月は、63%の確率で、金価格が下がる

5月は、金ETFにとって、最悪の月になる傾向がある。

◆金CFDチャートの日足

tradingview.com

実質金利と金価格

基本、実質金利が上昇すれば、金価格が下がるというセオリーは、過去にもお伝えした通りの話です。

そして、この実質金利は、昨年の8月最低レベルに達するとともに、金価格も最高値を付けました。

今後、実質金利が上昇していけば、逆相関となる金は、下向きの圧力を受けることになります。

金は、インフレヘッジにならない。

金は、インフレに対するヘッジとして有用という意見が根強いものの、一概には、そう言い切れません。インフレ時、他の資産が上昇すれば、金価格は下落することが多いのです。

  • 低インフレ・資産インフレ=金価格下落
  • 高インフレ・資産デフレ=金価格上昇

資産インフレだと、金価格は下落。

なぜなら、インフレが強まれば、FRBが金利を引き上げて、金価格は下がるという話。

しかも、現在、ビットコインをはじめとした暗号資産が登場。インフレの間、金は、下落し、ビットコインが上昇。ビットコインが上昇していけば、金価格は下落する傾向にあります。

匿名性の強いビットコインは、金の代替品として、買われており、金のライバルになりました。

金ETFの売りが続いており、価格を押し下げる要因になっている

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP