リアルタイムの金価格や予想・金投資のノウハウを紹介します。世界で人気の純金積立や投資信託の方法。さらに、今後の見通しを徹底的に解説いたします。

  1. ファンダメンタル及び中銀
  2. 61 view

2022年1月のFOMCで3月利上げが明確も「金価格は現状キープ」

2022年1月のFOMCがついに終わりました。市場の予想通りとはいえ、FRBは、インフレ進行を強く警戒している様子。利上げは、3月からスタートしそうです。ただ、様々なリスクを警戒して、金価格や実質金利は、大きな変化なく

2022年1月のFOMCは、利上げ路線も、金価格はキープ路線。

  • 3月から利上げスタート
  • 利上げは、まもなく適切になる
  • 資産の圧縮(QT)は、利上げ後に開始
  • テーパリングは、3月上旬に終了

当たり前ながら、様々な面で、これからデータを確認しながら、利上げを進めていく方針。

――利上げに踏み切るが、先々のリスクは。

私も含めたほとんどのFOMC参加者がインフレをリスクとみている。高インフレが長期化し、さらに加速するリスクもある。ただ、これが基本ケースと考えているわけではない。インフレが高止まりした場合を含め、私たちは様々な事象に対処できるようにしておかなければならない。

新型コロナは終わったわけではない。今後も進化を続け、景気減速につながる可能性がある。サプライチェーン(供給網)の問題が経済活動を鈍化させる可能性もある。中国の新型コロナに対する強硬策が、さらなる供給網の混乱を引き起こすことも考えられる。さらに、東欧で起こっている(ウクライナを巡る)問題もある。私たちは多くのリスクがあることを忘れてはいけない。日経新聞:1月FOMC

株価は、下落方向に。金価格も少し下落、1820ドル前後に。


FOMCと金価格

金価格に最も大きな影響を与える実質金利の大幅な上昇はなく。

ウクライナ情勢の悪化で、ロシアが主生産国のパラジウムが急上昇。それに引っ張られたプラチナも上昇。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP