リアルタイムの金価格や予想・金投資のノウハウを紹介します。世界で人気の純金積立や投資信託の方法。さらに、今後の見通しを徹底的に解説いたします。

  1. ファンダメンタル及び中銀
  2. 45 view

ECBのラガルド総裁もついに、エネルギーインフレに耐えかねて、利上げ路線のタカ派へとクラスチェンジ

欧州もインフレ進行で、利上げを視野に入れ始めました。

欧州は、インフレ進行でECBの路線変更

  • 新型コロナからの景気回復
  • 供給網の寸断
  • ロシアVSウクライナ情勢の悪化
  • 急ぎすぎた脱炭素化

急ぎすぎた欧州は、インフレの嵐が吹き荒れて、スタグフレーション化が危惧されています。スタグフレーションになれば、金価格が上昇する余地が出てきますので要注意です。

欧州は、ロシア情勢悪化や脱炭素化によるインフレ悪化。米国や日本以上に厳しい。

金相場は、大きな反応はせず。金利上昇での調整売りが主体。

EUもインフレそしてスタグフレーション化。

2022年の金価格についての予想:ブルームバーグのコンセンサスは、1,757ドル。

多くの場合、予測を書く人は、最近の過去が続くと仮定してそうします。2021年の初めに提出された予測では、金価格は2020年に27%上昇し、2019年の平均価格は1,393米ドルから、2020年の平均価格は1,770米ドルになりました。

したがって、2021年初頭の予測者は、2020年代の27%の回復が2021年も続くと想定していたため、間違っていました。

では、2022年について予報官は何と言っていますか?ブルームバーグのコンセンサス(または平均)予測では、2022年の平均価格は1,757ドルで、最低は1,712ドル、最高は1,900ドルです。2022年の金価格予測

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP