<スポンサーリンク>

「リスク要因」の記事一覧

金価格は変動リスクや利子が付かないデメリットがあることを理解してご投資ください。

バフェット氏は、金&ビットコインは、何も生み出さないとして株式に軍配を上げる

世界最大の投資会社「バークシャー・ハサウェイ」を率いるウォーレンバ・フェット氏。彼は、金投資よりも株式投資を優先するという考えを持っています。

ネブラスカ州オマハに住むことから「オマハの賢人」と称されるバフェット氏のゴールドへの哲学を見ておきましょう。


金投資で失敗するパターンは、1に取引金額が大きすぎ、2に知識不足!

金投資で失敗するパターンを知ることで、大きな負けを避ける事ができます。負けを経験したことが無いほど、怖いものはありませんからね。金に限らず、投資で全勝無敗を狙うのはとてもむずかしいこと。

あの最強馬ディープインパクトやニジンスキー・シーザスターズですら負けたことがあるのですからね。投資の世界で有名かつ神様とも言われるウォーレン・バフェットも失敗から学ぶことを大事にしています。


金を米国が没収したルーズベルト大統領の大統領令6102号

国家は、金や銀・土地を没収する力を持ちます。1933年、米国のルーズベルト大統領は、大統領令6102号を公布し、民間の金を全て没収する政策を実行。

当時、大恐慌時代の真っただ中にあった米国は、デフレによる景気後退を解消するために、インフレを引き起こそうと考えました。そのために、金価格を引き上げる準備として、民間の金を没収するという強硬策を行ったのです。


金投資や偽金貨などに関する詐欺事件のまとめ

高い価値を持つ金属だけに金投資に関する詐欺事件は後を絶ちません。特に金価格が高騰を見せている時期には、詐欺事件が頻発します。

変な事件に騙されないように自己防衛をしましょう。

金投資に関する詐欺事件まとめ

金投資詐欺事件を配信してくれる新聞社は、一定期間掲載すると記事を削除する傾向にあります。そこで、目についた記事をまとめておこうと思います。よくぞこれだけのネタを考えるものだという事件がたくさん。

では、心の弱さと儲けたいという気持ちに付け込んだ詐欺事件の数々をお読みください。

詐欺事件のまとめ

 


金投資のデメリット:預金や株と違い利息や配当がつかず、元本保証はない。

デメリットについてまとめました。金投資にはメリットとともにデメリットも存在します。どのような点に気を付けて投資を行えばいいのかでしょうか。

まず第一に、金は銀行預金のように元本保証のついた資産運用でないことがあげられます。購入後で、予想通りに値上がりすれば利益になりますが、値下がりすれば損失となります。そのため、資産を絶対に減らしたくない方には不向き。

次に金利・利息の問題を指摘しておきます。

金投資のデメリットは金利を生まない

預貯金や株式のように利息や配当がない

最大のデメリットとして挙げられる点は、預貯金や債券・株式などの金融商品と違い利息や配当がつかないこと。


金のニセモノを判別する方法:豊田商事事件など詐欺事件などもあり信用第一

金は、見た目で他の金属と違います。重さも鉄などより同じ大きさなら重いことからニセモノを見破りやすい金属。しかし、価格が高いだけにあの手この手で騙そうとする輩も存在します。金価格は毎日変わります。ただ、基本的には世界のどこでも同じ価格です。もちろん、取引形態により、様々な手数料や経費が加算されるため、商品先物取引価格と現物(バー・インゴッド・コイン)の金価格は異なります。

ニューヨークやロンドンの金市場で取引された価格を指標として、世界各国の金価格は決まります。国際金価格は、トロイオンス(1トロイオンス=31.1035g)が単位として使われますので、日本で利用するグラム単位に換算。

新聞やインターネットでも、現在の金価格を確認することができますので、お持ちのゴールドがあれば重量分を掛けると自分で計算することができます。計算の時は金の純度にもご注意ください。