<スポンサーリンク>

「購入と販売の方法」の記事一覧

金を購入するには。販売するには。田中貴金属や石福などの地金商や純金積立・商品先物会社がその代表です。

金地金と金貨のどちらがお得か?プロに聞きました

金を現物(実物の資産)として、持つときに、金地金(ゴールドバー)と金貨(コイン)のどちらを選べば、お得なのでしょうか?

金地金は、純金(99.99%)が基本。そして、金貨には、地金型のメイプルリーフやウィーン・カンガルーに対して、やや純度の低いイーグルやクルーガーランドなど様々な種類があります。


安く金を買う方法を金相場のプロ「第一商品様」にインタビュー

金は、世界共通の品物。それだけに、できるだけ安く買いたいもの。そして、地金商よりも安く金を買う方法が、商品先物取引会社での購入です。

その中でも金相場のプロフェッショナルとして有名な第一商品様(以下、敬称略)に、金のお話を聞いてみました。

お話をお伺いしたのは、第一商品のお二人、

企画部の七條課長と村中課長代理。


金(ゴールド)が誕生祝いに利用されるのは、魔除け効果があるから

中国・インドをはじめ、子供の誕生祝いに金(ゴールド)を贈る習慣は、世界中に存在。それは、金に魔除けと幸運をもたらす効果があるから。

日本でも金製品や金貨を誕生祝いにする習慣が出来るといいなと思います。


クルーガーランド金貨は、アパルトヘイトの禁輸措置で製造停止

クルーガーランド金貨は、南アフリカの造幣局が製造・発行している地金型金貨。1892年から1900年に発行・流通していた1ポンド金貨を模したデザインで、地金型金貨の走りと言える存在です。1967年から発行。金投資の手段として人気化したのを見て、他国も同様の金貨を作り始めました。しかし、南アフリカ共和国でのアパルトヘイト(人種隔離政策)に対する抗議で、禁輸措置を受けたために、製造停止に追い込まれました。

クルーガーランド金貨が開いた、地金型金貨の主役は、メイプルリーフ金貨やウィーン金貨などが受け継いでいます。


日本の貨幣コレクション創刊号に付いてくる旧20円金貨とは?

週刊日本の貨幣コレクションには、旧20円金貨や天正大判金のレプリカが付いてきます。その創刊号を買ってみました。アシェット・コレクションズ・ジャパンから発売。

創刊号についてくるのは、旧20円金貨のレプリカ。明治4年(1871年)に導入された金貨で、明治新政府が貨幣単位として円を採用するなど貨幣の歴史上のターニングポイント。


QUOカード&キャッシュバック:金・プラチナ取引開始記念のキャンペーン!

SBI証券が始めた金・プラチナ取引。今ならお得なキャンペーンに参加できます。

2017/7/3から取引がスタートし、取引口座開設&お取引、さらにクイズに答える方式とふたつのキャンペーンが用意されています。


プラチナスポットは、決済期限がなく100gから売買できる白金の取引

プラチナスポットは、東京ゴールドスポットと同様に【決済期限の無い】限月取引。為替のFXと同じ仕組みを採用して、取引しやすさを高めた商品。

ゴールドとプラチナ

金や銀・プラチナを取引する商品先物は、売買のしやすさ・値動きなどから、一部の投資家には人気の資産運用手段。しかし、限月制度があるため、取引には期限があります。

長期的な見通しや保有資産のヘッジのために長期間保有し続けることはできずに、期限前に決済するか現物の受け渡しをする必要がありました。決済した後に、また買い直すのは面倒ですよね。

そのため、東京商品取引所(TOCOM)は、より取引しやすい商品を開発しました。