<スポンサーリンク>

「商品先物会社一覧」の記事一覧

東京商品取引所で売買が行われる金先物取引。いわゆる商品先物会社です。

売買シグナル配信と【10万円定額手数料】の二つが特徴的なUHGグループ

株式会社UHGは定額手数料制度を導入しています。

商品先物取引のオンライントレードで金先物を取引した場合、1枚(1000g)当りの手数料は往復で約1,000円です。(手数料比較

値幅に直すと1円ですから手数料の抜け幅は1円。営業マンと取引するより安い価格で取引できます。

大口取引や売買が多いお客様に有利な定額手数料

1カ月に1回、1枚取引する方は、普通の手数料制度を利用した方がお得です。

定額手数料は、取引量の多いお客様に有利な制度です。1日に何回も取引したいデイトレーダーの方は興味深い手数料体系ではないでしょうか。

NY金価格チャート

金価格は、一日の中でも大きく動きます。NY金で数十ドル、東京金で1日に数十円は動く日の方が多いため、デイトレードやスキャルピングトレードの方にも人気の銘柄。


スマートフォンが利用できる金の商品先物会社比較

金価格の動きがダイレクトに反映される先物取引。仕事で外出している時に、価格のチェックや約定チェック、発注や情報確認をしたいものですね。そこで。スマートフォンを利用できる商品先物取引会社の比較です。

いつ、急なニュースなどで金価格が動き出すか分かりません。そんなときに外出先で対応できずに利益を逃がしたり損失を出すのは悔しい。


商品先物取引の比較:金の受渡し・入金・サポート時間

商品先物取引会社で金や銀などの貴金属を取引するためには、どこかの会社に口座を開設しなければいけません。

金投資の中でどの取引が自分に向いているか確認したい方はこちら


金先物取引の手数料比較:約1円が手数料抜け幅となるコスト面で有利!

たくさんある金投資のなかでも、金価格の変動を利用して短期トレードで利益を狙う方に向いているのが「金の商品先物取引」。

何といっても取引コストが安い。金先物の【手数料抜け幅は約1円】と他のサービスと比較して格安!

コスト・取引のしやすさ・情報入手のしやすさと、メリットが大きいので検討してみてはいかがでしょうか。とうもろこしや小豆などのいわゆる商品相場に手を出しにくい方も金ミニ取引であれば取引しやすいと思います。

サポート時間・貴金属の現物受渡・初回入金やクイック入金の商品先物比較

商品先物取引は、オンライントレードと営業マンに注文を出す対面取引の二つの方法で取引できすが、コスト面では比較にならない程オンライントレードの方が安い上に営業マンからの勧誘を避けることもできます。


商品先物取引会社の一覧

金や銀・白金など貴金属の取引を行う商品先物取引の会社です。

主な商品先物取引の会社

現在の金価格や予想・情報を提供してくれます。

・EVOLUTION JAPAN株式会社(旧エース交易株式会社):銘柄コード:8749
東京都渋谷区渋谷3-29-24

岡地株式会社
愛知県名古屋市中区栄3-7-29

岡藤株式会社 :銘柄コード:8705
大阪府大阪市中央区本町3-2-11

岡安商事株式会社
大阪府大阪市中央区北浜2-3-8

カネツ商事(株)
東京都中央区日本橋久松町12-8