明日の金価格を予想する:テクニカル&ニュース

<スポンサーリンク>

明日の金価格がどのように動くのか、夕方時点で予想をしてみます。テクニカル及びファンダメンタルズの両面からご確認ください。

明日の金価格予想

 

米国株の下落が、市場の混乱を呼び、金価格は上昇。

●米債利回りは、株価下落のために債券買いが起きて、やや下落。米株式市場は、ピークを付けた感が強く、乱高下を起こすでしょう。

 

金価格は、資金逃避先になることから、しばらく根強いと考えています。しかし、規模は不明ながら、世界金融危機に陥いれば、一時的に売られることでしょう。

★マーケット価格情報:2018年10月17日 8:55更新

ガンドラック氏は、米10年債が3.25%を引けで超えると危険と警告

銘柄 限月 価格:前日比
NY金 12月限 1231:0.7
NY白金 10月限 846.7:0.4
東京金 8月限 4405:16
東京白金 8月限 3008:-4
米金利10年・2年 3.16% 2.87%
日経・NYダウ 22549.24 25798.42

金価格の8時間足チャート

しばらく、個別チャートの更新はお休みさせていただきます。

GMOクリック証券のCFD 2018年10月14日

株価

◆金価格(XAU)の8時間足チャート:サクソバンク証券 2018年10月7日 11:00

金の8時間足

★NY金価格は、1200ドル前後で推移。横這いながら、上下動が激しくなっているのと、高値が切下がっているため、大幅な下落に注意したい。

★円建て金価格:やや下落トレンド。米ドル/円の動き次第。

リアルタイムの金価格はこちら

●金価格(XAU)の日足チャート サクソバンク証券 2018年10月7日

金の日足

●円建ての金価格:円安に伴い緩やかな上昇。値幅が小さくなっており、相場転換の兆し。

●米ドル建ての金価格:横這い

明日のNY金価格をPIVOT(ピボットポイント)で予想:2018年10月17日 8:30

前前日・前日と本日

  • R2:1227⇒1245.7⇒1240
  • R1:1223⇒1238⇒1235
  • pv:1218⇒1229.2⇒1231
  • S1:1214⇒1221.5⇒1226
  • S2:1209⇒1212.7⇒1221

東京金先物価格をPIVOTで予想:2018年10月17日 8:30 

  • R2:4468⇒4421⇒4429
  • R1:4429⇒4405⇒4417
  • pv:4369⇒4338⇒4404
  • S1:4330⇒4372⇒4392
  • S2:4270⇒4355⇒4379

 

ファンダメンタルズニュースの予想

米FRBの12月利上げに関心。

米金利の上昇による新興国危機は懸念材料。トルコリラの問題が、金価格にも影響大。

 

トランプ大統領は、FRBの利上げを強く批判。株が暴落した場合、利上げを止めなかったFRBのせいにするでしょう

米中間選挙の結果と相場との関連性は予測しにくい。

●日銀の金融政策決定会合(2018年7月31日)

日銀は、7/31の金融政策決定会合で、長期金利目標を、ある程度変動しうると決定。実務的には、今までの±0.1%→±0.2%と上下に拡大。物価が低迷している中で、金融緩和を継続しながら、金利の上昇を許容した形。

●FOMC(2018年8月1日)

FRBは、政策金利を1.75-2.00%に据え置き。経済及び雇用は、好調。緩やかな利上げは、経済活動&目標に合致。

現在は、9月及び12月に利上げされるとの予想が多い。

◆金価格の注目材料

  • 米中の貿易戦争:米中の通商交渉
  • 米国:2000億ドル相当の中国製品関税10⇒25%への引き上げ提案
  • 中国:600億ドル相当の追加関税
  • 日銀の金融政策:長期金利幅拡大⇒金利上昇容認
  • 米国長期金利:3.23% 先週から大きく上昇。高くなると新興国などのリスク拡大
  • FRBの利上げ路線継続:12月に利上げは起きるのか
  • トランプ政権の発言:利上げに対する批判。マナフォート&コーエン氏の選挙・浮気疑惑
  • 人民元安トレンド⇒人民元安政策を修正の予想
  • 日米の通商交渉の見通し
  • 英国のEU離脱を巡る交渉⇒交渉は難航
  • イタリアの2019年度予算
  • トルコリラショック:新興国危機
  • イランと米国の経済制裁・核を巡る交渉

◆米ドル/円、ユーロ/ドルの日足チャート 2018年10月7日 12:28

ドルの日足

米ドル/円の円安トレンドは、ここで終焉を迎えるのか。注目ポイント。ユーロ/ドルも同じく、ユーロ安ドル高がストップするかどうか。

米金利上昇によるドル高の流れは定着しており、安易な売りには回れない。

今週の注目予定

10月15日(月):トルコ失業率、米小売売上高、中マネーサプライなど
10月16日(火):中消費者・生産者物価指数、英失業率、米設備稼働率など
10月17日(水):米住宅着工件数、米FOMC議事要旨など
10月18日(木):貿易収支、ベルギー欧首脳会議、米景気先行指数など
10月19日(金):中7-9月GDP、米中古住宅販売件数など

 

米株の崩れから、米ドル安日本円高へと動いている。少し、踊り場の懸念ありも、トレンドは下方向。金価格もレンジを突破して上昇しており、乱高下の予想。

関連コンテンツ

<スポンサーリンク>
 

金投資&先物人気ランキング