中国に続きメキシコ関税で、FRBの2019年は利下げへと転換?

<スポンサーリンク>

FRBのパウエル議長は、米中貿易交渉の頓挫やメキシコへの関税アップなど貿易戦争が進むなかで、利上げから利下げに方向転換するのではないかと予想されています。6月4日の講演では、適切に行動すると話しただけで、利上げと解釈されるなど金融市場は、利下げ催促に動いています。

米中貿易戦争で、FRBは利下げに方向転換?

金融市場のリスクオフは、続いており、株から債券へとマネーは移動。米国の金利は大幅に下がっています。リスクオフで買われる日本円や金価格などは、上昇。

米国が関税を武器に、中国に妥協を迫ると、中国側は、レアアースを切り札に出してきました。米国をはじめ、世界各国jは、中国のレアアースが使えないと困ります。それに対して、ロス商務長官は、前例のない措置を講じると反撃。

ウィルバー・ロス(Wilbur Ross)米商務長官は4日、米国はテクノロジー産業と軍にとって重要な戦略的鉱物やレアアース(希土類)の供給を確保するため、「前例のない措置を講じる」と表明した。インフォシーク

当サイトでは、米中貿易戦争は、長引く。トランプ大統領だけでなく米国民の多くが望んでいるからと指摘しています。

ファーウェイショック以上に、メキシコへの関税は、金融市場に衝撃を与えました。メキシコ関税問題からリスクオフは急加速。金価格も1300ドルを突破。

●NY金スポットをはじめとした日足チャート:GMOクリック証券の日足 2019年6月5日

金の日足チャートなど

日米株価は大幅に下落。ゴールドは、4月から5月の1266~1300ドルのレン時を大幅に超えて上昇。スポット価格は、1335ドルを超えました。

FRBは、2019年に利下げに追い込まれるのか?

FRBの関係者からは、利下げ方向への発言が増加。

FRBのパウエル議長は4日の講演で、貿易戦争が及ぼす影響をFRBは「緊密に注視」しており、「適切に行動する」と述べた。一方、FRBの金利水準は適切であるとの発言や、金利変更には「忍耐強く」対処するとの言及はなかった。FRBのパウエル議長:ロイター

  • パウエルFRB議長:適切に行動する
  • セントルイス築連銀のブラード総裁;米利下げは、近く正当化される可能性がある
  • FRBのクラリダ副議長:市場のプライシングを検討

FRB関係者の意向:ブラード氏は元々、ハト派の人物。

株価を重視するトランプ大統領は、FRBに利下げ圧力を掛けているはずでしね。


2019年7月の利下げ確率は、62.5%と非常に上昇しています。ここまで株価下落&債券買いが強まれば、本当に利下げするかもしれません。

金価格と利下げの関係

金価格を予想するにあたっては、利下げ=上昇要因。リスクオフ=上昇要因ということを意識しましょう。つまり、利下げは上昇要因なのですが、利下げによって、金融市場に安心感が広まるとリスクオンの売りもありえるということ。

金は、金利がつかないため、金利が上がると下がり、金利が下がると上がるというセオリー。

●NY金の週足 GMOクリック証券

金の週足

1346.6ドルの高値を突破できるかどうか。1346~1370ドルにかけて抵抗線あり。直近の上昇は週足チャートで、大陽線を描きつつあり。逆らいたくはない。

 

関連コンテンツ

<スポンサーリンク>
 

金投資&先物人気ランキング