<スポンサーリンク>

「金相場の展望・週間情報」の記事一覧

週間の金相場展望・分析を毎週執筆中。ジム・ロジャーズなど投資家や株式・金利情報など中長期的な視野にたっての展望をご紹介します。

リーマン・ショックが起きた時、金価格はどう動いたのか?

2018年9月15日(土)で、米リーマン・ブラザーズの破たんから10年が経ちます。いわゆるリーマン・ショックが起きた時の金価格は、どう動いたのか確認しておきましょう。

金融危機~レバレッジ・リスク低下~金融緩和~バブルからの反動サイクルが危惧されるため、過去を振り返ることも大事。

リーマン・ショックと金価格の動き

まず、リーマン・ショックのおさらい。

不動産の証券化・サブプライムローンの隆盛で、不動産のバブル化から物語は始まりました。そして、2007年のサブプライム住宅ローン危機のバブル崩壊で、大幅に資産価格が下落。それによって、投資銀行のリーマン・ブラザーズが経営破たん。

リーマン・ブラザーズの経営破たん:2008年9月15日(月)

リーマン・ブラザーズの破たんは。米国の住宅バブル崩壊・サブプライムローンの債務不履行による資産価格の下落が理由。それに付随し、信用バブルやモラルハザードによる過大なリスクテイクやCDS(クレジットデフォルトスワップ)などの流行などもありましたね。詳しくはリーマンショックのwikiなどをお読みください。

サブプライムローン危機の発生

2007年2月頃をピークに、サブプライムローンは危機に陥っており、逃げ場を探した資金は、凶作・新興国需要での増加が見込まれた食料・原油などのコモディティに向かいました。

その資金の一部は、コモディティの性格を持つ金投資にも流れ込み、サブプライムローン危機前は、650ドル後半あたりだった金価格は、2008年3月に、1031ドルの高値を付けました。(GMOクリック証券のCFD価格)

◆NY金価格の月足チャート GMOクリック証券のCFD

金の月足チャート:リーマン

ついに、リーマン・ショック到来。このリーマン・ショックの影響は大きく、ほとんどの資産価格は下落しています。しかし、金価格は、2008年10月に安値を付けた後は、大きく切り返しました。

資産価格の下落が始まる

チャートを見ると、株式・原油だけでなく、金価格も下落。それぞれの下落タイミングはやや異なります。この時、米10年債金利も下落=価格は上昇していることから、最もリスクの小さい資産として、【現金・米国債】へと資金が移動したということになります。

株や不動産価格

通常、米金利の下落は、金利を生まない金投資にとっては、プラス要因。金利の低下は、金の魅力を増すはずが、そうならなかったのがリーマン・ショックの衝撃を物語っていると思います。

リーマン・ショック時は、原油をはじめとしたモノの下落も激しく、期待インフレ率が大きく低下しました。

FRED:期待インフレ率の推移

期待インフレ率
期待インフレ率(ブレークイーブンインフレレート)は、0.15%まで低下。期待インフレ率の低下は、実質金利の低下に繋がるため、金価格も低下しやすい。10年債金利のグラフと比べると、リーマン・ショックの時だけ、異常に期待インフレ率は低下。

●FRED:10年米国債の金利

10年債金利の推移

リーマン・ショック時の金価格:実際の値動きは?

リーマン・ショック後は、金も売られたとの認識を持っている人も多いでしょう。しかし、直後の値段を見てください。リーマン・ブラザーズの破たんが決まった9月15・16日及びしばらくは、上昇していることが分かりますね。

◆リーマン・ショック前後の金価格推移 データ:invester.com

金価格の動き

実際のところ、金価格は、10月半ばから下落しはじめて、10月末を底値に、本格的な上昇トレンド入り

以下は、株・金・原油などが大底を付けた時期。二番底を付けたケースもありますので、最安値ではないことにご注意ください。

  • NYダウの大底:2009年3月
  • 日経225の大底:2009年3月
  • NY金価格:2008年10月
  • NY原油価格:2008年12月

株よりもコモディティの方が、反発スピードが早かったということ。

FRBは、2008年11月に、QE1(量的緩和策)を開始。市場に、 1.725兆ドルの資金を流通させて、景気刺激&株価の回復を図りました。

リーマン・ショック前後の金価格について、その動きをまとめると以下のようになります。

  1. サブプライムローン危機の発生
  2. 株・不動産が売られて、金・原油などのコモディティの価格上昇
  3. 期待インフレ率の低下や危機の深刻化
  4. ポジションの解消による現金化・米国債が買われる。
  5. 金・原油も売られる
  6. 資産価格全般の低下で金融危機発生
  7. リーマン・ショック発生
  8. 信用不安で金価格上昇
  9. 更なる危機深刻化・金利低下で金も売られる
  10. 危機への対応策・量的緩和で、金価格上昇
  11. 株や不動産の上昇

さて、リーマン・ショックから10年。トレーダーの記憶から、リスクを忘れるのに、十分な時間が経ちました。喉元過ぎれば熱さ忘れるの言葉通り、バブル崩壊が起きるのでしょうか。

中央銀行バブルの崩壊リスク

資産価格の暴落は、いつ起きてもおかしくありません。その時のために、金投資に注目しておきましょう。


貿易戦争リスク激化と赤字削減策はこれ!:米中で500億ドルの関税強化で金価格は下落。

トランプ米大統領が、中国に対して関税をかけるとし、中国もこれに対抗したことから、株価・金価格・原油などが大幅に下落。

安全資産としての金投資よりも、貿易戦争の激化による中国及び世界経済への懸念・資源への需要減少を恐れる動きで、金相場にも売りが殺到して、大きく下げ、1278.8ドルで週末を迎えました。


カナダのG7シャルルボワサミットでは米国と溝が開く。今週は政治・金融政策イベントが目白押し

G7サミットが終了。首脳宣言は、自由で公正な貿易実現に向けて、【関税の引き下げに努力する】とカナダのトルドー首相が指摘。

ところが、トランプ大統領は、首脳宣言を承認しないように宣言したとツイッターで表明。先週は、動きの小さかった金価格にも少し影響を与えそうです。


2018年5月の米雇用統計は好調で利上げ確実:米朝首脳会談と6月FOMCまでは金価格は弱気と予想

金曜日の米5月雇用統計は、とても好調な数字で、6月の利上げが固まり、金価格は1300ドルを挟む動きから下落し1293ドルで引け。

イタリアの政治混乱は、結果として金融市場でのイタリア国債急落や株価下落を激しく呼び込んだことで、五つ星運動・同盟・EUとかなりビビらせたはず。イタリア国内の南北分断やEUへの債務放棄やユーロ離脱などの大きな案件をすぐに進める方向には進まないでしょう。しばらくは、サプライズが起きにくいと思います。


米朝首脳会談の中止などリスクオフの動きで、金価格は1300ドルを回復:2018年5月28日週の予想

米国は、5月24日に、6月12日に予定されていた米朝首脳会談の中止を公表。北朝鮮問題の地政学リスクが拡大。リスクオフ的な動きが激しくなりました。

米中貿易摩擦こそ落ち着きを見せたものの、米国の自動車関税引上げ・イタリアの政局・円高などの動きもあり、金価格は1300ドル台を回復しました。


強いドルと米金利(3%超え)の向かい風で下落する金(ゴールド):2018年5月21日週の見通し

米国の長期金利(10年国債)が、安定して3%ゾーンに入ったために、金価格は向かい風を受けて1300ドルを割り込みました。米国の減税効果による景気好調から、FRBは利上げ路線を堅持。金利を生まない資産である金投資には逆風の形が続きそうです。

また、イタリアの政治的な混乱は、ユーロ下落ドル高を主導しており、米ドル高=金価格安のセオリーからも、安値を付けやすいところ。ただし、イタリアの政治混乱は、ポピュリズム傾向から債務危機を発生させる懸念を持ち、金買い材料にもなります。


米金利上昇で新興国にセルインメイが起きるか注目:2018年5月7日週の金相場見通し

2018年5月第一週の米金利は、3%を挟む動き。そして、NY金価格は1300ドルをキープ。今週は、セルインメイ(5月の売り)が起きるかに注目です。アルゼンチンやイランなどで波乱が起きる匂いは、結構あります。

米ドル高トレンドの中、ユーロ/ドルは、1.20を割り込み。上海総合も3000をキープできるか心配なところ。