リアルタイムの金価格や予想・金投資のノウハウを紹介します。世界で人気の純金積立や投資信託の方法。さらに、今後の見通しを徹底的に解説いたします。

  1. 政治・軍事ニュース
  2. 261 view

ソレイマニ司令官の殺害:米vsイランの戦争リスクで金価格は急上昇!

米国は、イラクのバグダッドの空港において、イラン革命防衛隊のソレイマニ司令官を殺害。(2020年1月3日)

コッズ部隊(Quds Force)」のガセム・ソレイマニ(Qasem Soleimani)司令官は、大統領候補とも目されていたイランの超大物。彼が殺害されたため、イラン側は、報復を示唆しており、米国とイランは、緊張状態。戦争状態に入ったとも言われており、金先物・原油先物とも急上昇。2020年始まったばかりながら、地政学リスクが高まっています。

イランのコッズ部隊:ソレイマニ司令官の殺害で地政学リスク高まる

イラン側は、米国とイスラエルに責任があると非難。ソレイマニ司令官と民兵組織幹部のアブ・マハディ・アル・ムハンディス氏の両名が死亡したことを認める声明を出しています。

声明で「大統領の指示により、米軍は海外に駐留する米職員を守るため、ソレイマニ司令官を殺害することで断固とした防衛措置を講じた」と表明。イランによる将来の攻撃計画を抑止することが狙いと説明した。ロイター:ソレイマニ司令官

ソレイマニ司令官は、1957年3月11日生まれで、カセムハッジ・影の司令官とのあだ名を持つ有力な軍人。

ソレイマーニーは2000年、イスラム革命防衛隊の特殊作戦部隊であるゴドス部隊(「エルサレム旅団」)司令官に任命された。2007年、イスラム革命防衛隊のヤヒヤー・ラヒーム・サファヴィー司令官が退任する際、ソレイマーニーは後継司令官の有力候補の一人とされた。ソレイマニ司令官のソレイマニ氏のwiki

戦争リスクで、金価格と原油や日本円が上昇

金及び原油のスポットはリスクオフで上昇

●GMOクリック証券のCFD:日足チャート:2020年1月3日 21:42

金や原油の日足チャート

金価格は、1550ドル近辺まで急上昇。原油は、63ドルを突破。株価は、全体的にリスクオフで下落。

2020年の金相場における重要な要素。中東での地政学リスクがいきなり炸裂した格好。

イラン側は、ガセム・ソレイマニ司令官が殺害されて、何もしないわけはありません。中東及び米国内でのテロリスクは高まります。イラン側がどういった報復手段を取るかわかりませんが、しばらく地政学リスクは高止まりするでしょう。

安全を確保するためのコストは、大きくなります。国力に大きな差があるとはいえ、自暴自棄で仕掛けるテロほど、怖いものはありません。

今回のソレイマニ司令官殺害は、ドナルド・トランプ大統領の指示のもとに、行われていますから、米国側も相応の覚悟と準備をしているはず。今後の泥沼化は嫌ですね。

U.S. Strike Kills One of Iran’s Most Powerful Military Leaders

マイケル・ハーシュ氏による記事では、ソレイマニ司令官の死で、直接的な緊張状態(戦闘)に陥る可能性があるという見方を紹介しています。同時に、イラン側は、強力な軍事リーダーを失ったため、イランの戦略に大きな打撃を与えるとの見方があることも示しています。

ソレイマニ司令官殺害に対するツイッターの反応

ツイッターでの反応。特に、金融市場に関連した内容をまとめました。

米国側の言い分では、イラン側の攻撃を未然に防ぐとの意味合いであると。いずれにせよ、米国対イランの対立は、核開発に関する疑惑を超えて、直接的な攻撃レベルにまで、発展しました。しばらくは、地政学リスクの拡大と金価格の上昇につながる可能性があります。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP