リアルタイムの金価格や予想・金投資のノウハウを紹介します。世界で人気の純金積立や投資信託の方法。さらに、今後の見通しを徹底的に解説いたします。

  1. 白金族や銀
  2. 103 view

銀価格は、2016年の21.095ドルにあるレジスタンスを抜ければ、大幅上昇トレンドへ?

銀は、大きな上昇余地があるとの予想が増えています。金価格の上昇に遅れたものの、銀のロケットも打ち上がる可能性があります。

ヘクター・コモディティ・レポートから確認してみます。

銀が大きく上昇する理由

  • 金は、テクニカル的なレジスタンスを上抜け。2018年8月以来、大きく上昇
  • 金は、ほとんどの通貨に対して、史上最高値を更新
  • 金:銀の比率について、長期的な平均は55:1。つまり、金1オンスに対して銀55オンスが平均。3月に銀が暴落した時、124:1を記録。現在は、94.43:1と過去平均より大幅に乖離
  • ETFMGプライム・ジュニア・シルバー・マイナーズETF商品(SILJ)は、安値から64.9%上昇

金銀比価は、銀の大量生産に伴い、上昇を続けています。中世欧州では、12:1だったわけで、過去の銀は、かなり高い価値を持った金属でした。それが、一時的な現象とはいえ、124:1ですからね。歴史的に見て、銀が安すぎたたため、バーゲンハンターの動きも出てきているのでしょう。

中世の欧州ではほぼ12対1を保ち、19世紀のフランスの金銀複本位制の際には、15.5対1と定められていました。20世紀初頭に金本位制が導入されて、銀の公的通用が廃止され、この比価は30を超えることとなりました。そして、金本位制が終わった1971年以来この比価の平均は58.4を推移しています。金銀比価が26年ぶりのレベルに

銀のテクニカルな目標値

ヘクター・コモディティ・レポートのAndrew Hecht氏は、銀の目標値を提示してくれています。

これから、銀価格が、大きく上昇するために、重要なレジスタンスは、2016年7月の高値である21.095ドル。ここを抜ければ、銀相場は、非常に強気トレンドを描くことになります。

  • 銀価格は、テクニカル的に、21.095ドル以上で強気
  • 2012年10月の高値:35.445ドル
  • 2012年2月:37.48ドル
  • 2011年8月の高値:44ドル
  • 2011年の49.82ドル
  • そして、銀の史上最高値は、。1980年の50.36ドル

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP