リアルタイムの金価格や予想・金投資のノウハウを紹介します。世界で人気の純金積立や投資信託の方法。さらに、今後の見通しを徹底的に解説いたします。

  1. 金価格・相場の予想
  2. 188 view

民主党&バイデン候補勝利のブルーウェーブで金価格はどう動く

トランプ大統領とバイデン候補の米国大統領選が大詰めを迎える中、民主党の完全勝利となる「ブルーウェーブ」が現実となると、増税やインフレの心配が出てきています。そうなると、金価格は、どう動くのか気になりますね。

ブルーウェーブが、起きるかどうかはわかりませんが、状況を確認しておきましょう。大統領選挙と同じ2020年11月3日に行われます。

民主党勝利のブルーウェーブで増税&インフレか?

  • 上院は、共和党が53議席、民主党45議席、無所属2議席と共和党が多数派。
  • 下院は、民主党が235議席、共和党が199議席で、民主党が多数派

今回、注目されている州の1つが、アリゾナ州だ。ここは、2018年8月に亡くなった共和党の重鎮、マケイン上院議員(当時)の地盤で、伝統的に共和党が強い州だ。
ただ、政治情報サイト「リアル・クリア・ポリティクス」によると、各種世論調査の平均値で、民主党がリードしている。

同じように、共和党が地盤の選挙区で、民主党がリードしている激戦州がいくつかある。
今回改選される35議席のうち、改選前の共和党の議席(23議席)から民主党が少なくとも4つ奪うと、民主党が多数派となる。(無所属の議員が民主会派のため)

NHK:選挙の仕組み

このように、トランプ大統領のもとでは、上院・下院の多数派が異なっていました。しかし、バイデン候補が当選した場合、さらに、上院・下院で民主党多数となるブルーウェーブの可能性が金融市場に出てきています。ブルーは、民主党のカラー。

ブルーウェブになれば、バイデン候補の政策が、実行しやすくなります。

バイデン候補の主な増税政策

  • 連邦法人税を21から28%に引き上げ
  • 個人所得税の最高税率を37から39.6%に引き上げ
  • 富裕層のキャピタルゲイン課税を強化

増税した分を再生可能エネルギーへと投資するという方針。これが、トランプ大統領いわく株式市場が暴落するという根拠であり、ブルーウェーブでの増税政策です。

ブルーウェーブと金価格の関係

スタンリー・ドラッケンミラー氏の予想では、4年で、インフレ率は4%を上回り、金価格は上昇。

資産家のスタンリー・ドラッケンミラー氏は27日、米大統領・議会選の結果、民主党候補のバイデン前副大統領が当選し、上下両院でも民主党が多数を占める場合、増税とインフレの不安が今後数年にわたり株式相場を圧迫すると予測した。4年でインフレ率は4%を上回り、金価格と債券利回りは上昇し、米国の失業率は7%程度になるとの見通しを示した。ブルームバーグ

金価格の動きには、少し複雑。IG証券の説明では、選挙期間中は、バイデン候補有利の報道で、金利が上昇し金利に下押し圧力。

しかし、ブルーウェーブによって、財政拡大・通貨供給量の増加は、期待インフレ率の上昇につながる。FRBが、ゼロ金利策を続ければ、実質金利が低下して、金価格は上昇する。

マネーサプライ:通貨供給量と金価格の関係はこちら

ブルーウェーブと金価格

バイデン氏の大統領就任後、ほどなくして民主党案に近い2兆ドル超の財政刺激策を盛り込んだ追加経済対策法案が可決される可能性が高い。このタイミングで財政ファイナンスの強化に対する意識が一段と高まり、実質金利の低下とともに、金価格への上向きの圧力が顕在化する可能性がある。IG証券

バイデン候補&民主党勝利のブルーウェーブで、金価格がどう動くかは、財政支出の規模次第。それによって、実質金利が低下していけば、上昇圧力がかかることになります.

現在の米国民主党は、左派の力が強くなっており、財政拡大路線であり、インフレを心配している投資家も多い!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP