リアルタイムの金価格や予想・金投資のノウハウを紹介します。世界で人気の純金積立や投資信託の方法。さらに、今後の見通しを徹底的に解説いたします。

  1. 金価格・相場の予想
  2. 51 view

バイデン氏いわく頭金とする「9,000億ドルの米経済追加支援策」によるインフレリスク

米国での9000億ドルの新型コロナ刺激策。これが成立した後、バイデン政権が成立すれば、さらに、バラマキ政策が加速するかもしれません。そうなれば、いよいよインフレが起きる可能性が浮上してくるため、金価格と金利に注目しておきましょう。

米国人は、1人あたり600ドル、移民は、1800ドルの現金を受取ります。これらが目先を救うことには役立っても、未来を破壊するリスクは、捨てきれません。

9,000億ドルの米経済刺激策を皮切りにインフレの可能性

米国の2019会計年度予算は以下の通り。

  • 歳出総額:4兆7,460億ドル
  • 歳入総額:3兆6,450億ドル
  • 財政収支:1兆1,010億ドル
  • 政府債務残高:18兆870億ドル

9000億ドルの刺激策を出す余力はどこにもありません。米国だけでなく、あらゆる国が債務を増やしていけば、いつの時代も待っている道は同じ。最後は、政府や幕府・大名が、商人達に借金をしまくることで、頭が上がらなくなります。それによって、特権を手に入れた大商人は、自分達の好き放題に政治を動かしはじめます。物不足でも、金儲けを優先し、売り惜しみを行い、利権グループを作ります。

インフレは、起きない。政府が、いくら借金をしても平気だと言う説もあります。しかし、金価格・暗号資産・不動産・株価は、すでに上昇。穀物価格も上昇しつつあります。この状態で、消費者物価指数だけ低いというのは、経済指標の統計に、疑問を持つべきではないでしょうか。

●金スポットをはじめとした価格:GMOクリック証券のCFD 2020年2月23日

インフレは近い

金スポット・大豆・株価は、大幅に上昇していることが週足チャートからわかりますよね。

新型コロナウイルス対策に関し、議会が21日に可決した9千億ドル(約93兆円)の追加経済対策法案を「第1段階にすぎず(今後の対策の)頭金だ」と述べた。来年1月の就任後に大規模な対策に取り組み、収入減に苦しむ家計にさらに現金を給付する意向を示した。ヤフージャパン

バイデン次期大統領は、9,000億ドルについて、第一段階であると話しており、追加対策への期待を膨らませています。そうなると、ゴールドやビットコインに買いが入りそうです。とはいえ、ビットコインはじめ暗号資産は、天井に近いのではと見る向きもあり、現物資産の金や銀をおすすめいたします。

M2:マネーストックは、恐ろしい勢いで増加中。

M2:マネーストック

トランプ大統領は、無駄な条項が多いとして、署名しない可能性も見せています。国民一人あたりの給付金を600⇒2000ドルに上げることを要請しているとの話もあります。

インフレ期待が剥げ落ちる可能性

ただし、インフレ期待は高まっているものの、目先、すぐにインフレになるとは限りません。その場合、インフレ期待の剥げ落ちから株売りになるリスクあり。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP