リアルタイムの金価格や予想・金投資のノウハウを紹介します。世界で人気の純金積立や投資信託の方法。さらに、今後の見通しを徹底的に解説いたします。

  1. 金価格・相場の予想
  2. 269 view

2021年の金価格は、「3,000ドル」を筆頭に強気見通し多数!

2021年の金価格予想は、強気が大勢。様々な貴金属や商品をはじめとしたアナリストが、ゴールドの調整が終わり、ラリーが始まったと考えています。

2021年の金価格目標は、3,000ドルとするボブ・カートリー氏

オプション&株式トレーダーのボブ・カートリー氏は、2021年の金価格について、3,000ドルを目標にしています。

彼の長期的な目標は、2006年6月以来、10,000ドル/オンス。まあ、金価格がそこまで上昇する時には、世界はどうなっているのかとも思います。

  • SPDRゴールドトラストをはじめ、金ETFへの投資家需要は根強い
  • 米ドルは、パンデミックにより、多くのドルを必要としている。そのため、多くのドルが出現し、購買力が弱まっている。
  • S&P500は、史上最高値レベル。過剰な流動性の一部が、株式市場に流れ込み、現在の価格を支えている。ただし、修正による下げがいつ来るかわからない。

金価格は、調整後のラリー準備を整えた

2020年に史上最高値を更新した金価格。8月から調整が始まり、今に至ります。そして、ゴールドの調整は底を打ったと予想しているのが、貴金属の専門家、Peter Krauth氏。

  • 金は、全ての通貨に対して高くなる。
  • 企業業績悪化、失業率は高く、低金利は続く
  • FRBのイールド・カーブコントロール開始への不満は大きくなっている。
  • 金利の上昇を市場は評価しなかった

今後の金価格について

  • 50日移動平均線の1,877ドルが抵抗線になる可能性あり。それを超えると新たな上昇がスタートする。
  • 12月から2月下旬は、クリスマス~旧正月にかけて、金の需要が盛り上がる。
  • 2021年に、2,300ドルに達する可能性あり
  • 金のブル勢には、世界の中央銀行がついている

アンドリュー・ヘクト氏による金市場の予想

スポンサーリンク

金価格は、2015年12月に、1,046.20ドルの安値に下落後、トレンドが切り上がっている。2018年8月の1,161.40ドルが、最新の底値。

2019年の終わりに、金が1オンスあたり1,520ドルで決済されたとき、シティグループのアナリストは、価格が2,000ドルに達すると予測しました。2020年4月、バンクオブアメリカのアナリストは、2021年末までにオンスあたり3,000ドルを予測しています。市場はファンダメンタルズが指示するよりもはるかに高く上昇する傾向があるため、どの市場でもトップを選ぶのはばかげたゲームです。肝心なのは、2020年の終わりにゴールデンゲインの長い連続がそのまま残っているということです。アンドリュー・ヘクト氏の予想する金価格の動き

FRBの動きが、金価格に影響

  • FRBは、2023年まで、低金利を続ける
  • 中央銀行は、月額1,200億ドルの証券を購入
  • 量的緩和と債券購入は、イールド・カーブに沿って、金利を制限
  • 2020年8月に、インフレ目標を2%から平均2%に変更

これら、低金利とインフレ圧力が、金価格を支えている!

他の政府もアメリカに追随しており、法定通貨の価値は下がり、貴金属は、上昇するという見方です。

パンデミックが薄れたとしても流動性と刺激策は、残り、法廷通貨の購買力を圧迫。

カナダの大手銀行は、2021年に2,300ドルを予想!

カナダ大手銀行のカナディアン・インペリアル・バンク・オブ・コマース(CIBC)は2021年の金価格の平均値を1トロイオンス=2300ドルと予想した。銀については32ドルとみている。CIBCは22年から24年までの金の平均価格をそれぞれ2200ドル、2100ドル、2000ドルと推定した。20年の平均は1800ドルになるとみている。IG証券

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP