具体的な金購入事例:三菱マテリアル

<スポンサーリンク>

月々三千円からスタートできる純金積立。当日スポット購入と一定額を日割りで購入の二つで金を貯めていきます。

純金積立で金を購入する

あなたが決めた購入代金を日割りにして、行って金額購入する方法で、ドルコスト平均法とも呼ぶ。

ドルコスト平均法で、毎日、一定金額の金を購入。金価格が安い日は多く、高い日は少なく買う方法。変動リスクを減らすことができます。


三菱マテリアルの事例

●月々1万円を購入:営業日21日の月

  購入代金 金価格 金購入量
1日目 480円 3,545円 0.13541g
2日目 476円 3,583円 0.13285g
・・・      
21日目 476円 3,740円 0.12728g
合計 10,000円   2.74588g

出典:三菱マテリアル

金価格は変動しても購入代金は同じ。結果的に金購入量(購入代金×金価格)は変化。

●スポット購入

金価格が安くなったからまとめて購入したいという時は、スポット購入。電話やインターネットで気軽に買えます。

引出・売却・等価交換

貯めた金地金は、売却や引出を行うことができます。同じく三菱マテリアルの事例を見てみましょう。

引出
純金は5g以上5g単位で引出可能。 プラチナは100g単位。ロンドンもしくは東京工業取引所の認定ブランドの地金。
売却
申し出た日の前営業日までの積立購入量の範囲で売却可能
等価交換
金貨やジュエリーと等価交換。商品は直営店・ジュエリーショップ・カタログから選択可能

基本的な純金積立の契約期間は1年間。一年間経過すると三菱マテリアルは、満期ボーナスがあり。平均積立重量に所定の料率を掛けた量の金もしくはプラチナを貰えます。