リアルタイムの金価格や予想・金投資のノウハウを紹介します。世界で人気の純金積立や投資信託の方法。さらに、今後の見通しを徹底的に解説いたします。

  1. 金価格・相場の予想
  2. 84 view

ファイザーの新型コロナワクチンによる胸アツな期待感、早くも長期金利のトレンドが変化

ファイザーのワクチン開発のニュース以降、金融市場のシナリオに少し変化が起きました。ワクチンが現実のものになれば、コロナにおびえることはなく、景気は回復するシナリオです。そうなると、金融市場及び金価格の動きに大きな変化が起きるでしょう。

景気回復を期待しての株価上昇や長期金利上昇がすでに生じていますからね。

ファイザーのワクチン開発ニュースで、トレンド変化の可能性

90%以上の感染を防げるのであれば、新型コロナウイルスも怖くなくなります。

●ファイザー:新型コロナウイルス関係について

新型コロナウイルスのワクチンを開発中の米製薬大手ファイザーと独ビオンテック(BioNTech)は9日、治験の予備解析の結果、開発中のワクチンが90%以上の人の感染を防ぐことができることが分かったと発表した。BBC

ゴールドマン・サックスは、2021年の投資テーマに、米国債イールド・カーブのスティープニングを想定。

長短金利差の拡大を予想してポジションを取ることを推奨。

ザック・パンドル氏らゴールドマンのストラテジストはリポートで、「来年の景気回復が確かなものになるにつれ、全ての年限で利回り差は拡大すると予想する。ただ、政策当局が短期金利を低く維持することにコミットする一方、実質成長率とインフレ率が上昇するとの期待から、長期金利の方がより押し上げられるだろう」と説明した。ブルームバーグ

FRBは、インフレをある程度、許容する方針。これに、ワクチン効果で、パンデミックからの景気回復が起きれば、世界は変わります。

新型コロナウイルスに対するワクチン開発で金価格も動く

金価格にとっても大きな変化。長期金利が低いのはありがたいものの、リスクが低くなれば、マネーは、金よりもリスク&リターンの高い資産に流れてしまいます。結果的に、金価格の下落要因になりますので、今後の、金買い時は、今まで以上に、長期金利とリスク判断が重要になります。必ず、長期金利やインフレ率とVIX指数を見ておきましょう。

金投資の専門家、豊島逸夫氏は、FRBが長期金利の1%超えをどこまで許すかに注目だと、バイデン政権になれば、大統領からの圧力は弱まるのではないかと予想。1%を超える長期金利になった時には、株安が起きやすく、金価格にも影響が出てきます。

米10年債利回り上昇の当面のメドは1.2%程度か。ここでは今年3月16日から18日にかけて、0.65%から1.22%まで3日で急騰した事例が参考になる。その要因はトランプ政権の1兆ドル規模景気刺激策が債券需給を緩めるとの懸念だった。株価は急落。サーキット・ブレーカー(売買の一時中断措置)が発動された。

株及び金価格の動き:2020年3月に長期金利が上昇した時の様子 2020年11月12日 GMOクリック証券のCFDチャート

長期金利急騰と動き

長期金利が上昇した時、株価・金価格ともに下落。その後は、金利の下落やコロナウイルスの流行・ロックダウン・FRB及び政府の支援で上昇。

今回の長期金利上昇で、金価格は急落

ファイザーによるワクチン開発が、このままうまく進むかはわからず、安値での金買いも増えている様子。

●新型コロナウイルスのワクチンが承認されると、大幅な金利上昇で、流れ

新型コロナワクチンの第三相臨床試験データは11月第3週に米国食品医薬品局へ提出され緊急使用承認(EUA)の申請がなされます。もし承認された場合、長期金利はもう一段高くなることもじゅうぶん考えられます。

11月9日を境にこれまで米国株のけん引役を務めてきたナスダックがダウ工業株価平均指数より劣後しはじめているのは物色の矛先が変わりつつあることを示唆しているように思います。広瀬隆雄氏のマーケットレポート

まずは、新型コロナワクチンが承認されるかどうかが鍵ですね。それ次第で、長期金利の上昇⇒金価格の下落も起きかねず、広瀬氏のアドバイスどおり、ポジションを軽くしておくのが最適でしょう。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP