リアルタイムの金価格や予想・金投資のノウハウを紹介します。世界で人気の純金積立や投資信託の方法。さらに、今後の見通しを徹底的に解説いたします。

  1. ファンダメンタル及び中銀
  2. 25 view

世界銀行が予想する新型コロナウイルスの商品市場への影響

新型コロナウイルスが与える金をはじめとする商品市場価格への影響を世界銀行が公表していますので、ご紹介します。

コロナウイルス(COVID-19)が、商品市場に与える影響:世界銀行

世界銀行による新型コロナパンデミックの商品市場分析

  • 金属と農産物は、新型コロナウイルスのパンデミックで、下落した分を回復。2021年は、少し上昇するのではという予想。
  • エネルギー価格は、需要減少のため、パンデミック前に比べて、低いレベルに留まる。
  • 農業価格は、パンデミックの影響をあまり受けなかった。世界的な景気後退で、食料不安のリスクにある人々が増加。

世界銀行のアヤハン・コーセ氏によると、新型コロナウイルスは、エネルギー市場に持続的な影響を及ぼす可能性があると指摘。

●金・銀スポット GMOクリック証券CFD 2020年11月11日

金・銀・原油のスポット

石油をはじめとするエネルギー価格

  • コロナ後の世界では、石油輸出国は、石油収入への依存度を減らす政策を実施しなければならない。
  • 原油価格は、2020年の1バレル41ドルから、2021年には、平均で44ドルになると予想。
  • 世界の経済活動が、パンデミック前のレベルに戻るのは、再来年以降。
  • 需要の増加は緩やか。
  • 天然ガスや石炭を含むエネルギー価格全体は、2020年に大幅下落後、2021年には大きく回復すると予想。
  • パンデミックの第二波が再燃し、ロックダウン増加し、ワクチンの開発・流通が遅れれば、予想よりも下がる

金属価格

  • 金属価格は、世界経済の回復と中国からの継続的な刺激に支えられて、2020年に下落した後、2021年には小幅な上昇が見込まれる。
  • ただし、世界経済の弱い成長が長期化すれば、価格は予想を下回ることになるだろう。

農産物への影響

  • 農産物価格は、食用油の生産量が若干不足していることを受けて、2020年に3%の上昇が見込まれた後、2021年にはわずかに上昇すると予想されている。
  • 食糧不安に対する懸念は、いくつかの新興市場や開発途上国では依然として関連している。
  • これらの懸念は、世界的な景気後退による所得への打撃、地域レベルでの食糧供給のボトルネック、労働力供給を制約している国境規制によって促されている。
  • 食糧価格のインフレはいくつかの国で生じており、価格が急上昇している。

パンデミックは、商品市場への長いショックの歴史の中で最新のものに過ぎない。

1970年から2019年の間に27の商品について商品価格ショックの性質を調べた結果、非常に持続性の高い(「恒久的な」)ショックと短命の(「一過性の」)ショックが、商品間で多様性があるにもかかわらず、ほぼ等しく商品価格の変動に寄与していることがわかった。

恒久的なショックが農産物価格の変動の大部分を占めているのに対し、一過性のショックは産業用商品価格に関連性が高い。このようなショックの持続期間が様々であることから、政策の柔軟性の必要性が指摘されている。

一過性の商品価格ショックは、消費を円滑にするために刺激的な財政政策を必要とするかもしれない。循環的な価格変動を受ける商品の輸出に依存している国は、好況期には財政的なバッファを構築し、不況期にはそれを経済活動を支えるために利用したいと考えるかもしれない。永続的なショックを受ける商品に大きく依存している国では、新たな経済環境への調整を促進するために、経済の多様化や課税ベースの拡大などの構造政策が必要になるかもしれません。

金価格とパンデミック

金価格は、8年連続で上昇。パンデミック時の安全資産として、大きく買われて、価格が上昇。主要国の金融緩和が継続したことから、銀行を中心に金ETFの需要が高まった。

  • 金ETFの需要は、前年比3倍以上に増加
  • 2020年の第二四半期、宝飾品需要と公的セクターの買いが半減
  • メキシコ・ペルー・南アフリカなどで生産の混乱・減少
  • パンデミックの影響でリサイクルが制限

銀価格とパンデミック

銀価格は、大幅に上昇

  • 2020年第三四半期に50%の急騰
  • 8月31日には、1オンス28ドルを突破する7年ぶりの高値
  • 銀ETFの保有を大幅に押し上げることに
  • 金と比較して銀価格は低い。金銀の比率は、2009年に75にまで低下。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP