リアルタイムの金価格や予想・金投資のノウハウを紹介します。世界で人気の純金積立や投資信託の方法。さらに、今後の見通しを徹底的に解説いたします。

  1. 金価格・相場の予想
  2. 89 view

2021年の世界経済は、3月からリスクオンの大合唱:モルガン・スタンレーのV字回復予想

モルガン・スタンレーのアナリストは、世界経済が、同時回復に向かい、2021年3月から勢いを増す=リスクオンになるとの予想を出しています。リスクオンになるため、金価格の上昇予想は、引き下げ。2021年末の予想は、1オンス1950⇒1825ドルとなっています。

モルガン・スタンレーは、2021年のV字回復を予想

彼らの予想としては、冬に新型コロナ流行が生じる時期は、少しリスクオフ。その後の3月からが上昇相場と見ています。

具体的な数字の予想は以下の通り。

S&P500種株価指数は2021年末までに3900に達する
10年物米国債利回りは同年末までに1.45%に上昇
ドル指数は同年末までに約4%下落
投資適格よりも高利回りクレジット、高利回り債よりもレバレッジドローンを有望視
21年末の金相場予想は1オンス1950ドルから1825ドルに引き下げ

世界の経済成長率は、6.4%

モルガン・スタンレーの2021年予想

現在、モデルナ・ファイザーなどのワクチンに対する期待から株式相場は上昇中。しかし、感染の再拡大や米議会の混乱などがリスク要因となっています。

他にも、新興国の回復とインフレの可能性を指摘。

  • 経済再開と異例の金融・財政支援が、世界経済の同時回復の要因
  • 米国の経常赤字拡大と低い実質金利、ドル安
  • 中国のリフレ政策
  • 新興国の緩和的なマクロ政策
  • 新興国の急回復
  • 米国でのインフレ変化。賃金上昇圧力とインフレが2021年後半に高まる。
  • 個人消費支出(PCE)のコア価格指数上昇率:2021年後半に2%に達し、22年前半またはそれ以前にこれを突破

やや金価格にマイナス要因の予想です。コロナに対するリスクは、2021年3月以降、減少する可能性が高いですからね。他のリスク要因が、金相場にどう影響するか見ておきましょう。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP