リアルタイムの金価格や予想・金投資のノウハウを紹介します。世界で人気の純金積立や投資信託の方法。さらに、今後の見通しを徹底的に解説いたします。

  1. ファンダメンタル及び中銀
  2. 58 view

2021年4月FOMC議事録が、テーパリング議論開始のターニングポイント。

2021年4月のFOMCで、テーパリングの議論がされていたことが明らかになりました。この背景としては、先月の消費者物価指数が、前年比4.2%と高い数字だったため、このまま緩和を続けることのリスクが高まっていることがあります。5月19日のFOMC議事録で明らかになりました。

このテーパリングがスタートしていけば、株価や金価格にマイナスの影響を与えますし、バーナンキ議長時代のように、バーナンキショックが起きるかもしれません。

テーパリングの議論スタートで、パウエルショックが起きる可能性あり

当然、FOMCの参加者達も、このまま経済回復やインフレが続けば、何らかの行動をしなければいけないことは分かっています。そのために、資産買入額の縮小(テーパリング)が第一の道。これによって、金融正常化を進めることになります。

  • これまでは、テーパリングを検討していない
  • テーパリングの議論を開始することが適切かもしれない

インフレは、止めることができると語っていたパウエル議長。このテーパリング議論で、インフレを止める事ができるのでしょうか。ただでさえ、株価は高値。経済再開で、コロナ対策の施策がしぼんでいく中、金融正常化への道は、泥道かもしれません。

議事録では、「多くの委員が、もし米経済が急速に回復し、FRBの目標(物価の安定と雇用の最大化)に向かって進展が続く可能性が示されれば、次回6月以降の会合のある時点で、資産買い入れペースの調整について議論を開始することが適切となるかもしれない」としている。FOMC議事録

テーパリングの議論開始によって、金利上昇・ドル高となり、結果・・・金価格は下落しています。過去の事例からも、テーパリングスタートは、金価格の下落要因です。2013年4月には、同じような環境で、金の暴落という事件が生じています。

ただし、FRBも学習したのか、表現は穏当とのこと。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP