貴金属として価値の高い「金・銀」の特性

<スポンサーリンク>

金の基礎知識として金銀の特性をご紹介します。金価格は需給関係で決まります。その需給の基本を知識として持っておきましょう。

金の特性


金の特性

貴金属として珍重される理由をまとめてみました。

  • 科学的性質:Au Gold 原子番号79、周期表1B族の銅族に属する。
  • 物理的性質:融点は1064.43℃、沸点は2800℃、密度は19.32g/㎤
  • 導電性:銀や銅に次ぐ高さ。抵抗率は2.21 × 10-8Ωm
  • 赤外線の反射率は98.4%と高い。
  • 機械的性質:優れた展延性を持ち、1gの金を3000mに伸ばすことが可能。
  • 金箔だと4900平方センチメートルの面積まで広げることが可能。

金はこのように、科学的・物理的に優れた性質を持つ貴金属。それゆに古来から珍重されてきました。近年においては王者の象徴として装飾品に利用されるだけではなく、様々な分野で活躍が目立ちます。

電子回路やスペースシャトルまで、多方面で活躍するゆえに、金価格は高値で推移しています。

銀の特性

貴金属として珍重される理由をまとめてみました。

銀の特性

  • 科学的性質:Ag Silver 原子番号47、周期表1B族の銅族に属する。
  • 物理的性質:融点は961.93℃、沸点は2210℃、密度は10.50g/㎤
  • 導電性:金属の中で最も電気と熱の伝導率が高い。抵抗率は1.62 × 10-6Ωm
  • 可視光線の反射率は91%と金属で最も高く銀白色を示す。
  • 機械的性質:優れた展延性を持ち、金の次に優れている。
  • 通常、酸素と反応しないが、硫化水素や亜硫酸ガスと反応して、硫化銀ができる。

銀の錆びは鉄の錆びと違い、酸素ではなく硫化水素や亜硫酸ガスとの反応。特に湿度が60%以上に上がると、急激に硫化が進みます。高い湿度の日本は、銀製品がさびやすいということですね。防止するため、金やロジウムでめっきをします。

●参考サイト