金の保管場所はニューヨーク連邦準備銀行の巨大地下金庫にあり

世界の国々は、個人と同じように大量の金を保有しています。では、その金をどこに置いているかご存知でしょうか。

国といっても日本やドイツのような大国から小さな国々まで様々です。もし、政府が保有する金が盗まれて溶かされて鋳造しなおされれば大変です。

そこで、ニューヨークのロウアー・マンハッタン、リバティストリートに位置するニューヨーク連邦準備銀行の地下金庫に世界の政府が保有する金のうち、およそ7千トンが保管されていると言われています。

アメリカはこのほかにケンタッキー州にあるフォートノックスなどにも金庫を所有しているという話や9.11の同時多発テロで崩壊したワールドトレードセンターの地下にも金庫があり、約8トンの金が保管されていました。(ニューヨークの金先物取引の在庫保管用)

なお、この金は、ビルの崩壊や火災にも耐えたそうです。

金の公的保有量

地上にある金の在庫は、2009年末で約16万5600トン、そのうち公的な金の保有量は約2万9600トンです。詳しくは、石福金属興業のホームページでご確認ください。

ニューヨーク連邦準備銀行の金

金はどこにある?金(Gold)の保管場所についての動画