金ETFのメリットとデメリット、金現物の裏付けがあるかどうかを確認しよう

<スポンサーリンク>

金ETFには、メリットがたくさんあります。金ETFは、取引所に上場しているため、一般の株式と同じイメージで取引ができます。ここではメリットとデメリットを簡単にご紹介いたします。

金ETFのメリット

●証券会社で購入できる
●リアルタイムの価格で売買できる
●現在の価格が把握しやすい
●小口取引(数千円)からできる
●大口取引も可能
●金の保管コストがかからない
●手数料が安い
●取り扱い会社が破産しても原則保護される
●信用取引で「売り」ポジションを持てる
●指値注文を利用できる
●金の現物と交換できるETFもある(純金上場信託)

金ETFは、様々なメリットを持った取引です。もし、株式取引を行ったことがある方なら、まさに株式投資のイメージで売買ができますし、金価格の変動で単純に利益を得る。長期的に金価格が上昇すると思うけど現物は保管が大変などというニーズに応えることができる金融商品です。

金ETFのデメリット

金ETFのデメリットは、金投資のデメリットと共通の部分があります。

●株式にある配当が金ETFにはなく利息が付かない
●金ETFが破たんした場合、お金が戻らないケースや返金遅延の可能性がある
●取引時間は取引所次第で土日は取引できない
●金の現物と交換できない金ETFがほとんど

金現物の裏づけのない銘柄の場合、発行元が破たんすると投資資金が戻らない可能性があります。 金を保有するのは、未曾有の経済危機に対処するためだとお考えの場合には、金融機関の破たんリスクも検討材料です。

ペーパーマネーだけではない金現物の裏付け

金ETFの基本として開発されたSPDRゴールドシェアは、買い付けた金をカストディアンと呼ばれる保管者の役割を果たす銀行に預けます。その上でトラスティ―(信託銀行に似た金融機関)が保管されている金に信託権を設定して証券を発行します。

このため、現物の裏付けがある場合には、単なるペーパーマネーに止まりません。万一、運用会社やカストディアンが破綻しても保護される仕組みが組まれているわけです。比較選択時には重要ポイントです。

金ETFの主な運用会社

金ETFの運用会社

金ETFを運営している会社は、大手金融機関です。

SPDRゴールドシェア:ワールドゴールドカウンシル
純金上場信託(現物国内保管型):三菱UFJ信託銀行
●ETFS金上場投信:ETF・セキュリティーズ・リミテッド
金価格連動型上場投資信託:野村アセットマネジメント
国内金先物価格連動型上場投信:みずほ投信投資顧問

金ETFに投資するにはどれくらいのお金が必要?

答えは、少額から始められる金ETFページで